COLUMN

Mikikiレヴュー年間アクセス・ランキング2017 JAPAN編

今年人気の高かったレヴュー記事をジャンル別にご紹介

Mikikiレヴュー年間アクセス・ランキング2017 JAPAN編

先週からはじまったMikikiの2017年振り返り企画。ここでは今年1年でもっとも読まれたレヴュー記事をジャンルごとに紹介していきます。今回はJAPANのトップ50。アイドルあり、ラップあり、インディー・ロックありと、他のメディアでは見られない非常にユニークなランキングになっているのでは?

★レヴュー記事のアクセス・ランキング R&B/HIP HOP編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング DANCE/ELECTRONICA編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング POP/ROCK編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング JAZZ編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング CLASSICAL編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング WORLD編はこちら
★レヴュー記事のアクセス・ランキング OTHER編はこちら​​
★インタヴューやコラム記事などのアクセス・ランキング50~26位はこちら
★インタヴューやコラム記事などのアクセス・ランキング25~1位はこちら

J-Popの作品が大半を占めるなかで目立つのは、やはりラップ、ヒップホップの作品。とりわけ、16位のBAD HOPは今年の顔とも言える活躍ぶり。とはいえ、フリースタイル・バトルのブームとは距離を置く鬼やFEBB、Minchanbaby、菊地成孔と大谷能生からなるJAZZ DOMMUNISTERSといった異色のラッパーたちがランクインしているのが興味深いです。

一方で石指拓朗、Tempalay、yahyel、接近!UFOズ、谷口順のFUCKER、寺田燿児によるyoji & his ghost bandなど、インディー・アクトの作品が健闘している点も見逃せません。

そして、1位はなんと〈脱げるシンガー・ソングライター〉藤田恵名! みんなスケベだね……。