COLUMN

Mikikiレヴュー年間アクセス・ランキング2017 CLASSICAL編

2017年人気の高かったレヴュー記事をジャンル別にご紹介

Mikikiレヴュー年間アクセス・ランキング2017 CLASSICAL編

2週間前からはじまったMikikiの2017年振り返り企画。ここでは今年1年でもっとも読まれたレヴュー記事をジャンルごとに紹介していきます。第8弾はCLASSICALのトップ20。旧作レヴューも読み継がれるなか、実験的な作品からオーセンティックなオペラ作品までフラットに並んだ、ちょっと不思議な20作です。

★レヴュー記事のアクセス・ランキング JAPAN編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング R&B/HIP HOP編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング DANCE/ELECTRONICA編はこちら
★レヴュー記事のアクセス・ランキング POP/ROCK編はこちら​​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング JAZZ編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング WORLD編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング OTHER編はこちら
★インタヴューやコラム記事などのアクセス・ランキング50~26位はこちら
★インタヴューやコラム記事などのアクセス・ランキング25~1位はこちら

 

2位と16位に2作がランクインしたのはリゲティ・ジェルジュ作品の演奏で高い評価を得ているソプラノ歌手バーバラ・ハンニガン。いずれも旧作ながら、日本国内での人気の高さがうかがえます。

19位のニコ・ミューリー&タイター(2016年作品)、6位のMotoro Faam(リイシュー)、そして堂々3位のハウシュカなど、ポスト・クラシカルのフィールドで活躍するアーティストたちも存在感を放っています。一方で、菊地雅晃や足立智美らによる現代音楽作品もランクイン。

1位は萩原千代の『ショパンの愛弟子 若き天才作曲家 カール・フィルチュの世界』(2016年作)。作曲家、ピアニストでもありながら研究者でもある萩原千代による、世界的にも珍しいカール・フィルチュ作品集です。