COLUMN

Mikikiレヴュー年間アクセス・ランキング2017 WORLD編

2017年人気の高かったレヴュー記事をジャンル別にご紹介

Mikikiレヴュー年間アクセス・ランキング2017 WORLD編

2週間前からはじまったMikikiの2017年振り返り企画。ここでは今年1年でもっとも読まれたレヴュー記事をジャンルごとに紹介していきます。第9弾はWORLDのトップ20。アジア、アフリカ、南米、ヨーロッパとバランス良く並んだ20作です。

★レヴュー記事のアクセス・ランキング JAPAN編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング R&B/HIP HOP編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング DANCE/ELECTRONICA編はこちら
★レヴュー記事のアクセス・ランキング POP/ROCK編はこちら​​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング JAZZ編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング CLASSICAL編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング OTHER編はこちら
★インタヴューやコラム記事などのアクセス・ランキング50~26位はこちら
★インタヴューやコラム記事などのアクセス・ランキング25~1位はこちら

 

各地域からの作品がバランス良く並ぶなか、やはり存在感があるのはブラジル、南米の音楽家たち。なかでも4位と15位にランクインした、ブラジルのランセロッチ兄弟は見逃せません。兄ドメニコがハイ・ラマズのショーン・オヘイガンと制作した『Serra Dos Orgaos(オルガンス山脈)』、弟アルヴァーロの『Canto De Marajo』は話題を呼びました。

6位はキューバのオマール・ソーサとセネガルのセク・ケイタのコラボレーション作品。近年盛んに発表されている、それぞれのオリジンや音楽性をうまくクロスオーヴァーさせた作品の代表格でしょう。

旧作ながらも1位を獲得したのはコロンビアのマルマ。3位のオッズ(インドネシア)など、〈ワールド・ミュージック〉という市場用語では括りがたい、ローカルなポップ・アクトの日本国内での注目度は年々上がっているように感じます。