2018.04.16

同時代のエッジーなサウンドをJ-Popの文脈に持ち込む手つきがより巧妙になった感のある3作目。なんといってもトラップとエモなムードのロック・サウンドと接続した表題曲に驚かされるし、タブゾンビのトランペットが吹き込むジャジーなニュアンスも新鮮。エレクトロニックなダンス・チューンもシティーなソウル・ポップもスケールの大きいロッカバラードもスムースに並ぶ本作は、この4人だからこそのものでしょう。

関連アーティスト