INTERVIEW

FIVE NEW OLDは言語を超えた音楽の力を信じる

アジア・ツアーを経て、〈乳化〉をテーマにした新作『Emulsification』

(左から)SHUN、HIROSHI、HAYATO、WATARU

FIVE NEW OLDのセカンド・フル・アルバム『Emulsification』が届けられた。そこで見られるもの、ひとつは昨年サポート・メンバーから正式メンバーとなったベース、SHUNの加入によって獲得したと思われるスケール感とポピュラリティーを兼ね備えたサウンド。そしてLUCKY TAPESのKai Takahashiや踊Foot WorksのTondenhey、さらにヴェテラン・ギタリスト、是永巧一といったゲストを迎えていっそう多彩な表現をめざそうとするチャレンジングな姿勢である。

なによりもオープンでより貪欲な感じのする点が本作を輝かせているのだが、そんなバンドの前向きで外向きな意識のあり方を読み解くうえで大事になるのが〈Emulsification=乳化〉という原理。互いに混ざり合わない水と油のようなものを混ぜ合わせる、一方を他方のなかに分散させていく働きを意味するこの言葉をコンセプトに掲げ、彼らはさらなる試行錯誤を繰り返し、これまでになく高い完成度を誇る楽曲をものにしたのだ。ブレイクスルーに向けての試金石となり得るアルバムを作り上げた彼らに話を訊いた。

FIVE NEW OLD Emulsification トイズファクトリー(2019)

 

音楽に言語の壁は存在しない

――まずは前作『Too Much Is Never Enough』(2018年)からここに至るまでの道のりについて、お話していただきたいです。やはり大きなトピックスとしては初のアジア・ツアーということになると思うのですが、何を得ましたか?

HIROSHI(ヴォーカル/ギター)「夢だった海外でのライヴを実現させて感じたのは、ある程度は予想していたものの、やっぱり音楽に言語的な壁は存在しないな、ってことですね。だからこそ集まってくれるオーディエンスと共有し合える音楽を作っていきたい、という思いを改めて強く抱きました。

その流れで生まれたのが“What's Gonna Be?”という曲。音楽で結ばれるものを作りたい、という思いがそこには込められていたのですが、自分たちが思っていたとおりのものをリスナーが返してくれたことが大きな収穫でしたね。そういった手ごたえを得たうえでアルバム作りに臨めたかなと」

『Emulsification』収録曲“What's Gonna Be?”

――どの国のオーディエンスの反応が印象に残ってますか?

HIROSHI「曲に合わせて歌ってくれたり、音楽に参加する積極性が高かったのはタイのお客さんでしたね。あっちにはライヴハウスがあまりないので、お金を払って音楽を聴きに行く、というよりは、バーで飲んでいたらそこでバンドが演奏しているという環境だったりするので、自分が知らないものであろうとも平気で乗っかっていくオープンな土地柄なのかなって。

中国、台湾は日本に近いところがありましたけど、自分が好きなものに対してはよりオープン、って感じました。じゃあ日本のお客さんはただおとなしいだけかというとそうではなくて、すごく熱心に、真剣に音楽を聴きに来てくれていることがわかったというか、それはアジアに出ていったからこそできた再発見ですね。

そう思うと、国によってそれぞれキャラクターが違ってアウトプットの仕方も異なるけど、音楽に対する熱量はいっしょなんだな、って」

タイのバンコクで撮影されたマルーン5“Sugar”のカヴァー映像

 

ワクワクする出会いをもたらしたい

――なるほど。そういうさまざまなタイプのリスナーに向けて、どんな音楽をアウトプットしていけばいいかを考えながら作られたのが新作『Emulsification』だと言ってもいいんでしょうか?

WATARU(ギター/キーボード)「そうだと思います。とっつきやすいものや耳なじみの良いものなど、そういったものをなにかと考えた一年でもあり、そこは曲作りの面にも反映されています。

僕たちは英詞で歌っていますけど、そのなかでも簡単な単語を選んだり、誰もがわかりやすいものを用いて聴きなじみの良いものを作ることをめざしているので」

――アルバムはトータルで13曲。かなりヴォリューミーな仕上がりになっているのがまた印象的です。

HIROSHI「明らかに時代と逆行してますよね(笑)」

――で、アルバムを聴いた率直な感想としては、いい意味で欲張りな作品だなぁと。どの部分を切っても、もっと遠くまで伝えたい、もっと僕らのことをわかってほしいという貪欲な姿勢が浮かんでくる。

HIROSHI「客観的に見たときに、日本のマーケットにおいて英詞で歌っているという僕らは、非常に回りくどいことをやっているバンドだと思うんですが(笑)、あえてそうしつつも、もっとわかってほしい、という思いはずっとあって。

それは何かというと、自分が好きなアーティストと出会ったときに、こんな世界もあったのか!という驚きと共にいつも扉を開けてもらう感覚を得てきたわけです。そういうワクワクする出会いを僕らの音楽を聴いてくれた人にももたらしたい。

それがつねに根本にあるんですけど、今回はこれまでFIVE NEW OLDとして出してきたものをもう少し深いポイントで精錬させ、抽出しようと試みたところがある。自分たちの音楽をもう一度じっくり振り返りながら作った作品になっているかと思ってます」

 

メンバーでアレンジを分担することがバンドにもたらした変化

――特にリズム面においてかなり試行錯誤の跡が見て取れる本作。先鋭的ながらもとことんポップ、という感触もこれまでになく徹底されているなと思ったりもして。制作作業において何かこれまでとは違ったものなどありましたか?

HIROSHI「EP『What's Gonna Be?』(2019年)あたりからそうなんですが、アレンジをメンバーに預けることがずいぶん増えて、メンバーのそれぞれの色がかなり作品に出るようになりましたね。

一方僕は、作詞やメロディー作りにおいて、いったい何を込めるか、という思いの部分に注力していくことを心掛けた。そこがいちばんの違いですかね」

SHUN(ベース)「今回HIROSHIくんが曲作りで悩むことも多々あったので、他のことであまり気をつかわせたくない、という気持ちもありました。

そこでアレンジをメンバーで割り振りながら、HIROSHIくんの思い描く完成形に近づけていったんですが、そこでしっかりと自分の主張も提示できたし、いろんな要素を取り込みつつ本来のイメージと違ったものが出てきてもOKにしていく、そういう作り方はこれまでと違っていたのかなと思います」

WATARU「作業を分担することで、効率よくできたことは明らかに違う点で、いちばん良かったと思えるところですね。さまざまなパターンを試せる回数が増えたんですよ。以前だとその場でいっしょに悩みながら、ああでもないこうでもない、と言いながら作り上げていくことが多かったけど、最近の形だといったん完成させたものを聴きながら最終形へと持っていけるので曲の方向性がより明確になるというか。

さっきSHUNくんが言ったとおり、思っていたのとは違うものが出てくるという可能性の幅がだいぶ広がりました」

――意外性を取り込む余地も格段に増したということですね。

WATARU「その機会は格段に増えましたね」

HAYATO(ドラムス)「HIROSHIが曲作りに真正面から向かい合えたり、SHUNくんが持っているJ-Popのいろはを溶かし込んでいくことで何パターンものアプローチができたんですが、その結果、効率が良くなって曲があがるまでの流れがスムーズになって。とにかく作業がリズミカルにいけたんです」

 

アルバム・タイトル〈Emulsification〉が意味する相反するものや矛盾の昇華

――ところでレコーディング中に頻繁に上がっていた話題って何がありました?

HIROSHI「あぁ、晩飯を何にするか、ってことですかね」

――あぁ、それは何よりも重要だ(笑)。

SHUN「でも僕らわりとプリプロをしっかりするバンドなんで、レコーディングはあっと言う間に終わるんです」

HAYATO「日にちも巻いちゃうぐらいで」

SHUN「その場で何かを考えることはあまりないというか、それまでの過程でめちゃくちゃ試行錯誤して、レコーディングはひたすらいいテイクを録ることだけを考えると」

HIROSHI「限りあるレコーディングの時間で悩みたくないというか、そこで時間を割くようだったらプリプロで死ぬほど悩んでおく、というスタンスなんです。とにかくどんどんスピードが上がっていて、曲数も多いし、長くなって当然なのに、録音が毎日夕方までに終わっちゃう、みたいな(笑)」

WATARU「すごく健全なバンド(笑)」

SHUN「じゃあいっしょにごはん食べて帰ろうか、って(笑)。ナニ食べる? 家で食べる?という部分で悩んだりして」

――そこの選択肢もまた増えたわけだ(笑)。

HIROSHI「プリプロの段階で話していたことといえば、最初に〈Emulsification〉というタイトルがあって、それを元にFIVE NEW OLDの集大成としてこれまでのスタイルを精錬させようということですかね。

タイトルの〈乳化〉って、油と水のように本来混ざり合わないものをどうにかして溶け合わせていく技術のことで、つまり相反するものをひとつにするという意味合いがあるんです。そもそもバンド名のなかに〈NEW〉と〈OLD〉が併存する僕らですし、わかりづらい方法を使っているけれどもどうにかわかってほしい、という主張自体が矛盾を孕んでいる。もともとパンクというジャンルにいながらこういった相反する音楽を鳴らしていることも含めて。

でも誰しもがそういう面を持っていると思うんですよね。そんな矛盾を積極的に受け入れながら、FIVE NEW OLDとしてなにかひとつ昇華させられた作品ができればいいな、って話していたかな。

曲でいうと、“Same Old Thing”は最初わりとリスナーがイメージしうるFIVE NEW OLDのベーシックなスタイルだったんですけど、踊Foot Worksのキイチくん(Tondenhey)に入ってもらって、予想しない形で崩してもらったりして。そこで僕たちにまったくないエッセンスが挿入されたわけですが、これは乳化と呼べるのかどうか、というふうに見極めながら完成に持っていったりして。

あとポップなメロディーなのに歌詞はセンチメンタルなことを歌っている、とかあらゆる矛盾が内包されたものにしたかったんです。けっして整合性があるものではないそういう曲こそ受け取った人が何かを感じられるんじゃないかって」

 

集大成であり、回顧録でもある新作『Emulsification』

――やっぱりその部分をメンバーみんなで共有できたことがいちばんの収穫なのかな。

HAYATO「HIROSHIが提示したものに対して、みんなが徐々に影響を受けていったって感じですかね。そもそもHIROSHIが歌いたい曲と僕らが提示していきたいと考える曲が相反する場合もありますし。例えば音像面とかの話ですけど。でもみんなの向く方向がうまく揃ったことで形になったアルバムなのかなって思いますけどね」

HIROSHI「基本的には僕がいろいろワーッと言うのをみんながしっかり受け止めてくれて、それが曲として形作られていく。それって粒子化された僕の思いが、気が付いたらみんなのそれと混ざり合っていたことだと思います。

あとこのアルバムって僕らにとって集大成でもあり、回顧録でもあるんですよ。もともとポップ・パンクから入って、僕がいろんな音楽に興味を持つようになって、やがて“Hole”(2014年)という曲を書き上げる。その過程においてみんなと意見が合わなくなったときもあったけど、だったら一人でやればいい、って考えには至らなくって。どうしても彼らにわからせたい、わかってほしい。じゃあどうやったらその相反するものをつなげられるか、って考えた結果生まれたのが“Hole”だった。

つまり僕たち自身が乳化というプロセスを経てここまでやってきたんです。僕たちにとって矛盾を取り込んでいくことが自然なことであり、これからもずっと続けていくつもりだ、という意思表明なんです」

2015年作『LISLE'S NEON』収録曲“Hole”

――で、この先も相反するものをガツガツ取り込み、雑食性を増していくことがバンドの進化につながっていくんでしょうね。

HIROSHI「そうなんですかねぇ……だから、いったいどういったものになるのかぜんぜんわからないんです(笑)」

HAYATO「そもそもいまのスタイルになることも予想してなかったですから(笑)。次はもしかしたらハードコアになっているかもしれない。ま、ないですけどね(笑)」

――(笑)。予想外の連続こそFIVE NEW OLDの真骨頂ってことですかね。

 

FIVE NEW OLDの音楽は〈都市音楽〉で〈おしゃれ〉?

――で、皆さんの作る音楽をあえてカテゴライズすると〈都市音楽〉ってことになると思うんですけど、いま世界的に再評価されているシティ・ポップと同じく、どこか新しくて懐かしい、って感覚をもたらすところが個人的には萌えポイントで。それは普遍性の高いメロディーゆえのことなのか、どうかわかりませんが、この快楽度が高くて心地いいサウンドは確かに時代も国境も超える魅力を持っている。

HIROSHI「その意見は嬉しいですね。あらゆるものを混ぜているけど、その結果こんな濁ったものができたぜ、って言いたいわけではなく、あくまで肌触りが良くて耳触りがいいものを提示したい。いつもそばに置いておきたくなるものを作りたいんです。

どこか懐かしいシティ感だったり、街の匂いがすることに関して言えば、僕らもオーセンティックなものが好きだし、名盤と呼ばれるシティ・ポップなアルバムの、さまざまな変化を含んでいながらもどこか親しみやすい部分に憧れているところはある。

もちろん80sの音楽は親から聴かされた年代ですが、僕らはいい感じでミスリーディングしているというか、正しく解釈していない部分がいろいろあるはずだと思っていて、そこはわれわれの世代なりのアプローチにつながっているはずだし、懐かしさのなかにこれまでになかった要素を込めることもできているんじゃないかと」

〈FIVE NEW OLD ASIA TOUR 2019〉ツアー・ファイナル、マイナビBLITZ赤坂公演でのライヴ映像

――あと切っても切れないものとして〈おしゃれ〉というキーワードがありますよね。ズバリ訊きますが、自分たちはおしゃれだという自覚はお持ちですか?

SHUN「あっ、これ絶対に使われるやつだ(笑)」

HIROSHI「(笑)。好きですよ、おしゃれなものは。日常をふっと豊かにしてくれるおしゃれが好き、ということかな。気持ちいいと感じられるレヴェルというか、ストレッチも気持ちいいと思えるぐらいがいちばん良いっていうじゃないですか」

――匙加減が何よりも大事ってことで。

HIROSHI「その匙加減っすね」

 

枠組みを飛び越えていくマルチリンガル的な音楽を作りたい

――わかりました。ところで皆さん、現状でこういうものを手に入れたい、って望んでいることなどありますか?

HIROSHI「難しい質問ですけど……単純にいえば、もっと売れたいってことですかね(笑)。

音楽的な部分でいえば、第一言語である日本語といままでやってきた英語をもっと共存させて、国内外問わずあらゆる人に届けられるマルチリンガル的な音楽を作ること。それこそ〈未来ノ和モノ〉として、僕らにはどんな表現ができるのか。

それを考えるうえで、この島国だけに封じ込まれるものになってしまってはいけない、と思うんですよね。それぐらいつまらないことはない。いろんな枠組みを一切合切飛び越えていくようなものを作っていきたい」

――今回のアルバムでも“Keep On Marching”に日本語のパートが登場しますが、その辺りに関してはこの先推進していくべき事項だと考えてらっしゃるんでしょうか。

HIROSHI「今回マスタリングをロンドンで行ったんですけど、エンジニアさんが〈コレいいよ〉って教えてくれたのがアーバン・フラメンコの歌姫、ロザリアの曲。グローバルなコミュニケーション・ツールである英語という垣根を超えてスパニッシュが認知されるようになってきているんです。

大きな波が来ているというか、言語を超えた音楽の力を考えるきっかけのような気がしますね。そこで日本語がどういう役割を果たせるか。きっと何かあるはずだという可能性を感じます」

『Emulsification』収録曲“Keep On Marching”

 

AI時代、人間が人間でいられる証明は矛盾すること

――では最後に、このアルバムを作り上げたことで得られた手ごたえをそれぞれに語ってください。

SHUN「僕が正式メンバーになってからちょうど1年ぐらいたったんですけど、サポートやアレンジャーとして入っていたとき、どれぐらいの距離感でみんなと接するのがいいのか図りながらやってきたんですけど、それぞれの人となりが見えてきたってこともあって、自分がやるべきことの押し引きの塩梅がわかってきたかなと思います。

今回はかなり積極的に踏み込んだこともあったし、FIVE NEW OLDの音楽を作りあげるために必要なひとりとしての自覚も湧いた。個人的にも音楽的に表現できる幅が広がったかな、という実感が得られたし、この先につながるアルバムになったと思います」

WATARU「ザックリいうと、全体的に自分たちのやりたいことと伝えたいことがアルバムとして結実したかなと。混ぜるのはきっとムリだと思っていたものでもうまく混ぜ合わせることができて、かなり完成度の高い楽曲ができたと感じています。これがどういうふうに聴こえるのか、受け取ってくれた人がどう思うのかが楽しみでならないんです。

あとほとんどの曲において楽器をあまり足さないことをひとつの目標にしたんですが、実際に入ってないけれど人によっては聴こえてくる音が何かしらあるんじゃないか、ってことを確かめるのも楽しみではありますね」

HAYATOLUCKY TAPESの高橋海さんやギタリストの是永巧一さんとか、今回もゲストにアレンジや演奏に参加してもらった曲がいくつかあるんですが、彼らに委ねることで色が変わっていく様子をハッキリと確認できたんです。僕らが彼らの演奏をうまく取り込めたことが手ごたえとして感じられました。

この作品がこれから先たくさんの人に聴かれ、返ってくる反響でまたいろんなものが見えてくるんじゃないかなと思ってるんですけどね」

HIROSHI「世界的なシティ・ポップのムーヴメントのように音楽が国境や時代を超えていく力を目の当たりにすることもある反面、いま地球のあちこちではいろんな分断が起きていますよね。そんな状況だからこそいろんなものを繋ぎとめる役割を担う音楽って大事になると思うんですが、海外の人が聴いたときに〈どこかしらあなたの国の音楽は馴染みがある〉と思えるようなやんわりと繋がっている感覚。僕らの音楽はそういうものであってほしいと願っています。

音楽には大きな波を起こして、ガラリと風景を変えてしまうようなスゴイものもありますけど、僕は基本的に、聴いている人にそっと寄り添い、ちょっとした華やかさを添えることで、生活を何かいい方向へと導くものが作りたい。音楽に果たせるいちばんのものは心の豊かさだと思うので。

昨今AIがいろんな分野で活用されているなか、人間が人間でいられる証明は何かといったら、矛盾することなんじゃないかなと思うんです。好きなのに嫌いと言ってしまうあの子、みたいな、そんなことするのって人間ぐらいのもの。そんな矛盾だらけの状況でみんながんばって何とか白か黒かの答えを捻り出している。で、その答えの向こう側にもまたいろんな色が混ざり合っているという。

そう考えると人間は人生のなかでいろんなものを乳化しながら生きているんじゃないか。そういった主張を、作品を通じて提示できたという実感が手ごたえとしてありますね」

次ページFIVE NEW OLDが考える〈未来ノ和モノ〉とは?
関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop