DISC GUIDE

GEMやライムベリーの注目作など、2014年のZOKKONディスクTOP40(ぐらい)No.23~33

【ZOKKON OF THE YEAR 14 to 15】 Pt.5

【特集】ZOKKON OF THE YEAR 14 to 15

さらなるリリースの膨大さに圧倒されたZOKKONシーンの2014年! 時代が流れようと、2015年も理屈抜きで楽しめるものがきっと楽しいはずです!

 


 

アフィリア・サーガ マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー Stand-Up!(2014)

アニメやゲーム・ミュージックといった二次元のカルチャーともリンクしながら、メキメキと存在感を高めてきた魔法使いたち。新たに立ち上げられたレーベルの第1弾としてリリースされたこのシングルは、グループでは通例だった二次元とのタイアップなしで臨んだ愛らしい野心作でした。 *久保田

 

 

GEM Do You Believe? iDOL Street(2014)

ダンス巧者の多いiDOL Streetのなかから〈デキる〉面々が抜擢され、元日デビューを飾ったのがGEM。こちらのセカンド・シングルではE-girls的なノリにも繋がるEDMタッチのアーバン・ポップをイキイキと披露していて、王道J-Popの進む方向をはっきり捉えたような好曲に仕上げていました。 *出嶌

 

 

吉田凜音 恋のサンクチュアリ! VERSIONMUSIC(2014)

アクターズスタジオ北海道から送り出された、13歳のプリティー・ガール。西寺郷太のプロデュースによるこのデビュー・シングルでは、あどけなさと生意気さが交差する女子中学生のリアルな佇まいを湛えながら、まさに凛とした歌声を聴かせてくれました。続きが見たいアイドルNo.1! *久保田

 

 

WHY@DOLL Magic Motion No.5 VERSIONMUSIC(2014)

大きな志を小さな胸に秘め、前年秋から拠点を東京に移して武者修行を積んできた北海道の可憐なデュオ。メジャー・デビュー作となったこのシングルは、本人たちも〈勝負できる曲〉と思わず昂った、ちょっぴりメロウなディスコ・ポップ。東名阪と札幌を巡った初のツアーも大成功でした! *久保田

 

 

JK21 アフタースクール VERSIONMUSIC(2014)

グループの苦節を支えた宮繁恵梨が良品“みゃー”リリース後に卒業、その後にメジャー再デビュー!と、激動の一年を過ごした関西の老舗。正統派の放課後マナーが好ましい表題曲はもちろん、品良くスウィングするカップリングの“雨のちハレルヤ”はそんな彼女たちの状況を曲名ごと示すかのよう。 *出嶌

 

 

アイリス We Are Miracles VERSIONMUSIC(2014)

前年の夏に解散したテクノ・ポップ・ユニット、テクプリのメンバーから成る仙台のトリオ。メジャー・デビューを飾ったこのサード・シングルでは、フロアにも訴求するダンサブルなサウンドと、大人びたハーモニーワークで個性を発揮。フォトジェニックなところも目を奪われました! *久保田

 【参考動画】アイリスによる〈仙台放送まつり2013〉でのパフォーマンス

 

 

 

FYT 学園地獄 VERSIONMUSIC(2014)

メンバーは現役の女子高生だけど〈教師〉……っていう設定の〈教育的指導型アイドル・ユニット〉。そのコンセプトも意表を突くところだけど、デビュー・シングルがフィンガー5“学園天国”をシニカルにパロった曲ってところも相当なもので、そこかしこから漂う物々しい感じがニクい! *久保田

 

 

こけぴよ 海カラット空カラット On-do(2014)

埼玉のミュージカルスクールを出自とする現5人組の実力派グループ。メイン・ヴォーカルを担う二木蒼生がお茶の間でもその力量の程を知らしめたわけですが、約1年ぶりに出たこちらのシングルでも〈ヴォーカル・グループ〉と呼びたいハーモニーはあまりにも見事でした。この先が気になる美しさ! *出嶌

 

 

amiina Drop/RunBlue PLATiCA(2014)

結成時は小学6年生!だった、あみ&みいなのコンビ。活動2年目となった2014年は主宰イヴェント〈Wonder Traveller!!!〉も敢行して徐々に認知を広げていますが、強烈だったのはこの2枚目のシングル。収録3曲がいずれも空間構築の妙と歌声の調和が素晴らしい、音響ポップの名曲です。もっと聴きたい!  *出嶌

 

 

ライムベリー IDOL ILLMATIC パーティクル(2014)

“ウインタージャム”も2014年の作でしたが……2MC+1DJに心機一転してドロップしたこのカムバック・シングルは、胸のすくような快曲になりました。トラックが自由度を増したこともあって、前のめりなフロウにヴァリエーションの魅力も追加されています。新年は何より順調な活動を希望! *出嶌

 

 

おはガールふわわ ふわふわわ ハピネット(2014)

先代〈ちゅ! ちゅ! ちゅ!〉のアルバム・リリースも同じ年の出来事でしたが、2014年度の顔となるのはこちらのフレッシュなミニ・アルバム。各人のソロも含めてヴァラエティー豊かな佳曲揃いで、東洋的なテクノ・ポップ“トロイメライライン”など、ここでも筑田浩志がイイ仕事を連発しています。 *出嶌

GR'18