COLUMN

晩秋彩る女性ヴォーカリストの宴、来日控えるリズ・ライト&ステイシー・ケントの魅惑的なキャリアと公演の見どころ

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.11.04
photo by Jesse Kitt(LIZZ WRIGHT

 

秋も深まり肌寒さを覚える11月に、心温まる歌声をもつ2人の女性ヴォーカリストが連続して来日を果たす。まずはスピリチュアルで情熱的な世界観を持つリズ・ライトが、11月12日(木)に名古屋ブルーノート、11月14日(土)、15日(日)にブルーノート東京、11月17日(火)、18日(水)に東京・丸の内コットンクラブへ出演。続いて、キュートな佇まいも光るステイシー・ケントが11月24日(火)~26日(木)にかけてブルーノート東京へ登場する。両者共にキャリアハイと言えそうな新作を今年発表したばかりで、気品に満ちたやさしい歌声は洗練されたジャズ・クラブでこそ真価を放つはず。今回は音楽&旅ライター/選曲家の栗本斉に、才媛たちの魅力とキャリアを紹介してもらった。 *Mikiki編集部

〈リズ・ライト〉
【11月12日(木)名古屋ブルーノート】公演詳細はこちら

【11月14日(土)、15日(日)ブルーノート東京】公演詳細はこちら
【11月18日(水)コットンクラブ】公演詳細はこちら
〈ステイシー・ケント〉
【11月24日(火)~26日(木)ブルーノート東京】公演詳細はこちら

 



枯れ葉舞い散る秋の終わり。こういう季節の変わり目になると聴きたくなるのが、女性ジャズ・シンガーだ。ジャズといっても、これ見よがしのスキャットやフェイクでテクニックを見せつけるタイプではなく、そっと心の襞に入り込んでくるようなシルキー・ヴォイスと言えばいいのだろうか。そういった意味では、今回紹介するリズ・ライトとステイシー・ケントはうってつけの2人である。いずれもジャンルに縛られない自由な指向性を持ち、新しいジャズ・シンガーのあり方を追求するアーティストと言えるだろう。間もなく来日する2人を、秋風の如くそっと紹介していきたい。

リズ・ライトは80年生まれ、米国ジョージア州出身。彼女のルーツは教会にある。歌やピアノを始めたのも、ゴスペルがあったからだ。そしてヴォーカルやコーラスを学校で学び、着実にヴォーカリストへの道を歩んでいく。2000年にイン・ザ・スピリットというコーラス・グループで活動を始めたリズは、程なく認められてジャズの名門レーベルであるヴァーヴと契約。ついにデビューを果たすのだ。

2003年に発表されたファースト・アルバム『Salt』は、チック・コリアの名曲カヴァー“Open Your Eyes, You Can Fly”で幕を開ける。ゴスペル出身というと、どうしても迫力あるシャウトを想像してしまうが、彼女は感情を程良く抑制し、ホットとクールの狭間を自由に行き来する。この表現力は、既存のジャズ・シンガーにもR&Bシンガーにもなかったバランス感ではないだろうか。その象徴としてこの1曲が存在する。

リズ・ライトの2003年作『Salt』収録曲“Open Your Eyes, You Can Fly”

 

他にもカヴァー曲のセレクトが興味深く、ソフトなラテン・ジャズに仕上げたモンゴ・サンタマリアの“Afro Blue”、リンダ・ロンシュタットも歌っていたスタンダード曲“Goodbye”、そしてダイアナ・ロスがミュージカル映画「The Wiz」で熱唱する“Soon As I Get Home”とヴァラエティー豊か。とりわけ、ラフマニノフの“Vocalise”とニーナ・シモンの名唱で知られる“End Of The Line”をメドレーにするという意表を突いた演出に唸ったファンも多いはずだ。

また、特筆すべき点は、半数近くをリズ本人が楽曲を手掛けていること。ブルースにソウルからゴスペルまで、さまざまなジャンルを内包するようなメロディーやサウンドは、裏で糸を引くブライアン・ブレイドの手腕も大きかったが、それ以上に彼女がいかにスケールの大きいシンガーであるかを雄弁に物語っていた。結果的に、ジャズ・ファンもR&Bリスナーも取り込み、アルバム『Salt』は大ヒットを記録する。

そこからはもはや説明不要だろう。ノラ・ジョーンズを手掛けたクレイグ・ストリートがプロデュースを買って出たセカンド・アルバム『Dreaming Wide Awake』(2005年)、意外にもキャレキシコのメンバーを迎えて録音したアーシーな傑作『The Orchard』(2008年)、アンジェリーク・キジョーミシェル・ンデゲオチェロもゲスト参加してゴスペルを歌った『Fellowship』(2010年)と、コンスタントに話題作を発表してきた。

リズ・ライトの2005年作『Dreaming Wide Awake』収録曲“Trouble”

 

リズ・ライトの2010年作『Fellowship』収録曲“(I've Got To Use My) Imagination”

 

そして、5年ぶりとなる新作『Freedom & Surrender』が先日登場。メロディ・ガルドーマデリン・ペルーを育てた名匠ラリー・クラインがプロデュースというだけで、名盤の予感がするのではないだろうか。

LIZZ WRIGHT Freedom & Surrender Concord/ユニバーサル(2015)

実際、ディーン・パークスジェシー・ハリスビリー・チャイルズといった強者がサポートしたプロダクションは、リズのどこかノーブルな印象を浮き彫りにするだけでなく、深い陰影を与えることとなった。なかには、AORの巨星JDサウザーと共作したり、グレゴリー・ポーターと厳かにデュエットするなど話題も多いが、丁寧に作られた逸品であることには変わりない。5年も待たされただけのことはあると言ってもいいだろう。

リズ・ライトの2015年作『Freedom & Surrender』収録曲“Lean In”

 

さて、一方のステイシー・ケントは68年生まれ、ニュージャージー出身。大学を卒業後、ロンドンへ留学。音楽を学びながら、地道に歌いはじめる。少しずつその活動が認められ、名門クラブのロニー・スコッツなどでライヴを行っているうちに、老舗のキャンディド・レーベルから声がかかり、メジャー・デビューが決定した。 

97年にリリースされたファースト・アルバム『Close Your Eyes』では、夫でもあるサックス奏者のジム・トムリンソンとヴェテラン・プロデューサーのアラン・ベイツのバックアップで、コール・ポーターなどのジャズ・スタンダードをスタイリッシュに披露。その当時はまだそれほど一般的ではなかった、ポップな感覚のジャズ・シンガーとして一世を風靡した。

ステイシー・ケントの97年作『Close Your Eyes』収録曲“Close Your Eyes”

 

その後も、同じプロダクションでガーシュインデューク・エリントンにまでレパートリーを増やした『Love Is...The Tender Trap』(99年)、フレッド・アステアに捧げたミュージカル・ソング集『Let Yourself Go: Celebrating Fred Astaire』(2000年)、リチャード・ロジャースの名曲のみを集めた『In Love Again: The Music Of Richard Rodgers』(2002年)といった力作をリリース。1950年代のウェストコースト・ジャズを思わせる軽快な作風が、ジャズ・ファンから絶大な評価を得る。

キャロル・キングサイモン&ガーファンクルのレパートリーを含む、ややポップ寄りの『The Boy Next Door』(2003年)の後、名門ブルー・ノートに移籍。作家のカズオ・イシグロが歌詞を書いたという新曲を収めた『Breakfast On The Morning Tram』(2007年)、全編をフランス語で歌うことに挑戦した異色作『Raconte-Moi...』(2010年)、ソニーに移籍し、ブラジリアン・テイストで統一した『The Changing Lights』(2013年)と安定して話題作を提供してきた。

ステイシー・ケントの2010年作『Raconte-Moi...』収録曲“Raconte-Moi...”

 

ステイシー・ケントの2013年作『The Changing Lights』収録曲“One Note Samba”

 

彼女のユニークなところは、当初から比べるとフレンチ・テイストやブラジル色が濃厚になっていることだろう。2013年にはマルコス・ヴァーリとのライヴ・レコーディング作品『Marcos Valle & Stacey Kent (Live) -Marcos Valle's 50-year』に続き、フランスのエベーヌ弦楽四重奏団がブラジル音楽を演奏した作品『Brazil!』への客演などがあるが、その集大成といってもいいのが最新作の『Tenderly』だ。

STACEY KENT Tenderly Okeh/ソニー(2015)

これは、ボサノヴァの巨匠ホベルト・メネスカルとの念願の共演作で、“Embraceable You”や“If I Had You”といったスタンダード・ナンバーを、ジャズ・ボッサ・テイストで聴かせるというもの。ステイシーらしい柔らかなトーンで、往年の名曲が光り輝くような傑作だ。これまでのキャリアでもっとも自然体のアルバムと言ってもいいかもしれない。

オーガニックなソウル・フレイヴァーを感じさせるリズ・ライトと、ブラジリアンタッチでソフトな歌声を響かせるステイシー・ケント。それぞれタイプは違うが、共通しているのが凛とした透明感を持ち、何をやっても決して上品さを失わないことだろう。そして、この季節にはついつい恋しくなってしまう歌声でもある。まもなく立て続けに来日する2人の生のパフォーマンスで、穏やかな晩秋を過ごしてみるというのはいかがだろうか。

 



〈リズ・ライト〉

【名古屋ブルーノート公演】
日時:11月12日(木)
開場/開演:
1stショウ:17:30/18:30
2ndショウ:20:30/21:15
料金:自由席/8,400円
★ご予約はこちら

【ブルーノート東京公演】
日時:2015年11月14日(土)、15日(日)
開場/開演:
1stショウ:16:00/17:00
2ndショウ:19:00/20:00
料金:自由席/8,500円
※指定席の料金は下記リンク先を参照
★ご予約はこちら

【コットンクラブ公演】
日時:2015年11月17日(火)、18日(水)
開場/開演:
1stショウ:17:00/18:30
2ndショウ:20:00/21:00
料金:自由席/8,500円
※指定席の料金は下記リンク先を参照
★ご予約はこちら

 

〈ステイシー・ケント〉
日時/会場:2015年11月24日(火)~26日(木) ブルーノート東京
開場/開演:
1stショウ:17:30/19:00
2ndショウ:20:45/21:30
料金:自由席/8,500円
※指定席の料金は下記リンク先を参照
★ご予約はこちら

関連アーティスト