2018.10.29

周囲の期待にあえて肩透かしを喰らわせるようにフォーキーな作風となった前作から一転、3年ぶりにリリースするニュー・アルバムでは、サイケなトーンを基調とした奔放なギター・プレイが復活。タイトル・トラックをはじめ、長尺曲の数々がジャム・セッションから生まれたことを想像させ、特にリズム面ではさまざまな実験の跡が窺える。もはやお馴染みと言ってもいいウォーペイントのステラの客演も印象に残る。

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop