SERIES

潜入〈タワレコメン〉会議 2015年7月度・邦楽編:Ykiki Beat、LILI LIMIT、LUCKY TAPESの注目作を観て聴いてチェック!

 

全国のタワーレコードのスタッフが、己の〈耳〉と〈直感〉だけを基準に世間で話題になる前のアーティストの作品をピックアップし、全店的なプッシュへと繋げる企画〈タワレコメン〉。これまで、相対性理論神聖かまってちゃんクリープハイプceroKANA-BOON、洋楽ではストライプスチャーチズといった現行シーンの最前線で活躍するアクトをいち早く発掘しており、現在は月1回のペースでオススメ・アイテムを紹介しています。Mikikiでは、そんなタワレコメンの選定会議に潜入し、作品の魅力を視聴コンテンツと共にお伝えする特集を連載中! 今回は7月度の邦楽編です!!

★タワレコメンに関する最新情報はこちら
★Mikikiの〈タワレコメン〉関連記事の一覧はこちら
★TOWER RECORDS ONLINEの〈タワレコメン〉特設ページはこちら

 


 

 

タワーレコードの本社にて行われるタワレコメンの会議。邦楽担当の腕利きバイヤーたちがオススメのアイテムを持ち寄り会議室へ集まります。何百タイトルという山のような新譜のなかから選ばれた計8作品の音源を聴き比べながら、熱い議論で最終作品を絞り込みます。そんな厳しい予選を勝ち抜いて7月度のタワレコメンに決まったのは……以下の3タイトル!!

 

★2015年7月度〈タワレコメン〉邦楽編:選出アイテム

 

Ykiki Beat When the World is Wide P-VINE(2015)

ここ数年の日本のインディー・シーンに多少なりとも興味があった人なら確実にその名を知っているであろう大注目の新世代バンド、Ykiki Beatが満を持して放つファースト・アルバムが堂々のタワレコメンに! サマー・キャンプラスト・ダイナソー、そしてドラムスといった海外アクトとの競演を重ね、ネットと現場の双方から支持を集めてきた彼ら。インディー系のDJイヴェントでも要所でターンテーブルに乗ることの多いポップ・アンセム“Forever”を筆頭に、欧米の現行インディー・シーンと並走するようなセンスで鳴らされる楽曲の詰まった本作は今年マストの一枚と言えそうです!

【推薦コメント:渋谷店 宇野】

いま話題のインディー・ロック・バンド、Ykiki Beatが満を持して待望のデビュー! SNSやアナログ7inchシングル“Forever”などでインディー・リスナーのなかではすでに知られた存在の彼ら。平均年齢21歳の彼らが鳴らす、ロック、ポスト・パンク、インディー・ポップは、国内だけではなく海外にも通じるクオリティーです。最新の音であり、21歳にも関わらずどこか80sも匂わせるサウンドとセンスは、まさにいまのシーンのど真ん中と言えるのではないでしょうか!? ボーダレスなサウンドがめちゃくちゃカッコ良い…… Suchmos、never young beach、D.A.N.、LUCKY TAPESなどのバンドと共に次世代を担う存在です!!

 

 

LILI LIMIT Etudes Lastrum(2015)

2012年に山口で結成後、福岡→東京と拠点を移して活動中の男女混成5人組ロック・バンド、LILI LIMITLastrumからリリースした初ミニ・アルバム『Etudes』が多くの得票数でタワレコメンに。残響SHOPレーベルからの自主制作盤ですでに話題を集めていた彼らですが、同レーベルのイメージからはいい意味で予想外だったハイブリッドなポップ・センスにさらなる磨きがかかっています。流行りのシンセ・ポップとは一線を画すエレクトロニクスの大胆かつ繊細なアレンジをはじめ、新人離れしたバランス感覚で新しい〈ポップ〉を鳴らす逸材です!

【推薦コメント:新宿店 黒沢】

初めて聴いた瞬間に感じた、天性の歌声、自由な表現力、想像もつかない展開やフレーズ、ストレートな想いが込められた言葉……すべてが奇跡的なバランスを保ちながら表現される新しきポップ・サウンドは音楽ラヴァーを虜にすること必至! シングル曲“Girls like Chagall”は本当にキラーすぎる!!

 

 

LUCKY TAPES The SHOW RALLYE(2015)

Mikikiで追い続けてきたLUCKY TAPESの待望のファースト・アルバム『The SHOW』もタワレコメンに選出! 前身バンドのSlow Beach時代から群を抜いていたセンスの良さは、ファンク/ソウル/R&B由来の黒いエッセンスを、あくまで〈いま〉の日本のポップ・ミュージックとして鳴らす本作でも顕著です。the telephones石毛輝も絶賛した“夜が明けたら”をはじめ、新たにチャレンジした日本語詞の楽曲も魅力的。ceroの最新アルバム『Obscure Ride』を手掛けた得能直也の丹念な仕事っぷりが心地良い出音の完成度も含め、抜かりなしの一枚です!

 【推薦コメント:邦楽部 中村】

タメのあるグルーヴを軸にじっくりと展開されていくそのキラメキを纏ったサウンドは、もはやわずかな音楽ファンしかチェックすることをしなくなった最新のリアルな音楽シーンに多くのリスナーを呼び戻す可能性を秘めている。そうか、これが救世主ってやつだ。

 

 

ということで、新人ながら各所で話題を集めていた注目バンドの新作が揃った感じの7月度〈タワレコメン〉邦楽編。Ykiki BeatとLILI LIMITは発売済み、LUCKY TAPESは8月5日のリリースです。入荷状況は店舗により異なりますので気になる方はお近くのショップへお問い合わせください。次回は8月度のレポートを掲載する予定なのでお楽しみに!

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop