SERIES

ジェフ・ベックやインコグニートに日本勢も! 野外フェス〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉の出演アクトを観て聴いてチェック

〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉参加アーティストをMikikしよう:第3回

 

NYで2011年にスタートした一大イヴェント〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉が、1日限りの野外フェスに形を変えて日本に上陸! 9月27日(日)、神奈川・横浜赤レンガ野外特設ステージにて〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN(以下BNFJ)〉が開催される。Mikikiでは、〈ジャズ〉というキーワードのもとジャンルを超えて集まる強力なメンツを、視聴/試聴コンテンツを交えながら紹介する。

パット・メセニーエバーハルト・ウェーバーに捧げた新作『Hommage』の収録曲を披露することも噂されるなか(参考記事はこちら)、フェスの全貌が明らかとなった第3回では、追加発表時も話題となったジェフ・ベックを筆頭とする4組をピックアップ。目の前に大さん橋、その向こうにはベイブリッジを臨む最高のロケーションで、潮風を感じながら良質な音楽を全身で浴びられるこのフェス、しっかり予習したうえでぜひご参加を。

★〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉タイムテーブルはこちら
★〈BNFJ〉連載第1回〈パット・メセニー、ロバート・グラスパー・トリオetc.編〉はこちら
★〈BNFJ〉連載第2回〈小倉智昭氏ら登場のパット・メセニー祭り編〉はこちら
★Mikikiに掲載している〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉関連の記事一覧はこちら
★タワレボにて「BNJF pre event vol.2 Pingpong DJ ピーター・バラカン×柳樂光隆」アーカイヴ映像を期間限定公開中(10月4日24:00まで)

 


JFFF BECK
〈BIRD STAGE〉19:15~

 

ジミー・ペイジエリック・クラプトンとともに〈3大ギタリスト〉として古くから愛されるロック・ギターの神様が、ジャズの祭典で〈BNFJ〉でメイン・ステージの大トリを飾る。60年代にヤードバーズの3代目ギタリストとして名を馳せたのち、ロッド・スチュワートロン・ウッドも参加したジェフ・ベック・グループ、ティム・ボガート&カーマイン・アピスと共に結成したベック・ボガート・アンド・アピスを経て、以降はソロ名義で数々の名作を発表。90年代以降はテクノやドラムンベースも導入するなど、過去の栄光にしがみつかない貪欲なスタンスもレジェンドとして尊敬を集める所以である。

その数奇なキャリアにおいて〈BNFJ〉を契機に再発見すべきは、クロスオーヴァ―に挑んだ70年代後半のアルバム群だろう。〈ビートルズ第5のメンバー〉ジョージ・マーティンがプロデュースを務め、人気を二分するギター・インストゥルメンタルの金字塔『Blow By Blow』(75年)と『Wired』(76年)では、ジャズ~フュージョン~ファンクと鮮やかに横断。ギターはもちろん、マックス・ミドルトンヤン・ハマーなどバンド陣のプレイも抜群で、リリースから40年近く経過した今日でも手に汗握る名演揃いだ。

〈BNFJ〉には、2015年にリリースしたライヴ盤『LIVE+』と同じメンバーで登場。90年代以降のプリンス諸作にも参加する女性ベーシストのロンダ・スミスビル・ブラッフォードも絶賛するジャズ畑ギタリストのニコラス・メイヤーパット・メセニー・グループの〈We Live Here〉ツアーにも参加したゴスペル~ジャズ系ドラマーのジョナサン・ジョセフウェット・ウィリーのリード・シンガーでジェフ・ベックの85年作『Flash』にも参加したジミー・ホールという強力布陣で、横浜に蒼き風を運ぶ。

 


INCOGNITO
〈DIZ STAGE〉 18:10~

 

昨年結成35周年を迎えたUKの大所帯ジャズ・ファンク・バンド。ソロ作のリリースやプロデュース仕事なども精力的にこなすギタリストのブルーイを中心に、メンバー・チェンジを繰り返しつつもコンスタントにアルバムを発表。さらに各国を回るツアーも活発に行ってきた驚異的なグループである。

80年代のアシッド・ジャズ・ムーヴメントの一翼を担った……というのも今は昔。作品ごとに時代の音を反映させながら、スムースでブライトなサウンドを奏でてきた彼らは、ステージでこそその輝きを増す! 層の厚いヴォーカル陣はソウルフルでパワフルな歌唱で圧倒しつつ、それを支えるプレイヤー勢の爽快で粋なアンサンブルはグルーヴィーこのうえない。2009年末にはBLUE NOTE TOKYOでカウントダウン公演を開催するなど非常に親日家であり、毎年日本でライヴを行うインコグニートのパフォーマンスは何度観ても鉄板の楽しさをもたらしてくれるが、さらに今回は野外ステージの解放感も相まってまた新鮮な印象を残すのでは?。

 


SOIL&”PIMP”SESSIONS
MOTION BLUE YOKOHAMA
〈JAZZ UNLIMITED set〉 15:30~
〈DEATH JAZZ set〉 18:15PM~

 

ロバート・グラスパーに代表される新世代ジャズが今回のフェスの大きなテーマのひとつであるとすれば、ジャイルズ・ピーターソンお 墨付きの〈DEATH JAZZ〉を掲げてヨーロッパを席巻した我らがSOIL&"PIMP"SESSIONSもまた、パンクなど他ジャンルの存在があってこそのジャズ を鳴らしてきたという意味では、時代を先取りした楽団だったという言い方もできるだろう。イヴェント後には今夏のBLUE NOTE TOKYOでのライヴをパッケージ化したアルバム『A NIGHT IN SOUTH BLUE MOUNTAIN』のリリースを控える彼らだが、こちらではブルーノートの伝統にリスペクトを表したかのようなオーセンテックなプレイもじっくりと披露し ている。フェス当日は〈JAZZ UNLIMITED set〉と〈DEATH JAZZ set〉の2ステージが予定されているので、彼らのそうした二面性をたっぷりと堪能することができそうだ。

 


TATSUO SUNAGA
MOTION BLUE YOKOHAMA
14:00~/17:15~

 

そんなSOILと同じ会場(MOTION BLUE YOKOHAMA)に上がるもう一組の日本代表は、今年DJ活動30周年を迎えた〈レコード番長〉こと須永辰緒。そもそも、パンクのDJからキャリアをスタートしながらDJ DOC. HOLIDAYとして日本語ラップの黎明期にも関わってきこのヴェテランが、ヒップホップなどストリート音楽との関係性抜きでは語れない現代ジャズと親和性が高いことは声高に指摘するまでもないだろう。事実、Sunaga t Experience名義で今年5月に発表したアルバム『STE』にはMUROECDスチャダラパーらがマイク・リレーを展開した楽曲やテック・ハウス調のトラックなどを並べつつ、〈夜ジャズ〉系の渋いナンバーまで取り揃えている。多様なジャズ(音楽)ファンが集うであろう今回のフェスで、経験豊富な彼がどのような選曲で楽しませてくれるのか注目しよう。

 


〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉開催概要
日時/会場:9月27日(日) 神奈川・横浜赤レンガ野外特設ステージ
開場/開演/終演予定:12:00/13:00/20:30
出演:
【BIRD STAGE】
PAT METHENY with BLUE NOTE TOKYO ALL-STAR JAZZ ORCHESTRA
ROBERT GLASPER TRIO
JEFF BECK

【DIZ STAGE】
INCOGNITO
SNARKY PUPPY
HIATUS KAIYOTE

【MOTION BLUE YOKOHAMA】
SOIL&”PIMP”SESSIONS
TATSUO SUNAGA

チケット代:
・S指定席 23,000円(税込)/特典:各種優先サービス(専用トイレ、優先ドリンクレーン、記念グッズ) ※残りわずか
・A指定席 15,800円(税込) ※残りわずか
・スタンディング 9,800円(税込)
※ご入場の際、別途1ドリンク代500円をいただきます。
チケット購入:
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:267-985)/WEB購入はこちら
・BLUE NOTE TOKYO店頭 問い合わせ:03-5485-0088(平日16:30~22:30/土日祝15:00~22:30 ※休演日以外)
・JCBチケット WEB購入はこちら
・イープラス WEB購入はこちら
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:74831)/WEB購入はこちら
・CNプレイガイド 0570-08-9999/WEB購入はこちら
・楽天チケット WEB購入はこちら
・JTBエンタメチケット WEB購入はこちら
・Yahoo!チケット WEB購入はこちら
・Confetti WEB購入はこちら

問い合わせ:クリエイティブマン(03-3499-6669)
http://bluenotejazzfestival.jp/

 

40周年プレイリスト
pagetop