カンタベリー出身のバンド、シド・アーサーの4作目はかの地の伝統受け継ぐサイケ趣味を持ち味に今日的なポップセンスも兼ね備えた一枚

2017.01.16

日本ではまだあまり知られていないカンタベリー出身のバンドによる4作目。70年代にプログレ/ジャズ・ロック・バンドが群雄割拠していた同地の伝統を受け継ぐ、知的なサイケ趣味が持ち味。やや湿り気を帯びたキーボードやヴァイオリン、憂いのあるヴォーカルが英国らしい叙情を醸していて雰囲気たっぷりだが、同時に今日的なポップセンスも兼ね備えているので聴きやすい。プログレの現在進行形を提示した頼もしい作品。

関連アーティスト