2019.04.02

タレント業や執筆などで大活躍中、APOKALIPPPSや吉川友とのユニットでも活動するマルチな才女のミニ・アルバム! 今回は荒本祥典(来来来チーム)、畠山健嗣(H Mountains)、劔樹人(あらかじめ決められた恋人たちへ)、有島コレスケ(arko lemming他)を従え、大森靖子による初シングル“PAINPU”などこれまでのソロ名義曲をバンド演奏で再録。梁川奈々美に捧げた“逆に聞くけど”というハロヲタならではの新曲に泣き笑い。

 


畠山健嗣、荒本祥典、劔樹人、有島コレスケとバンド・メンバーが実力派であることはもちろんだけど、なぜだろう。彼女の何かがめちゃくちゃすごい訳ではないのに、なぜか歌が頭に残る。それってまさにぱいぱいでか美そのもののキャラクターを表しているようではないか。歌詞の言葉遣いとか、リフレインとか、サビで〈サビきたけどとくにいう事ないなって〉とか言っちゃうところとか、気付けば気になるところだらけ。愛するももちに捧げる“桃色の人生!”や澤部渡作曲の“トキメキ蟻地獄”、大森靖子とのスプリット・シングルだった“PAINPU”と、ソロ時代から大きく進化を遂げた楽曲にもグッときます。

タワーアカデミー
pagetop