2014.09.25

前年の自作に迎えていたトランペット奏者のブッカー・リトルをふたたび招聘し、激しく表現を闘わせた緊迫のライヴ盤。なお、録音の4か月後にブッカーは夭折している。

関連アーティスト
pagetop