EVENT & LIVE REPORT

SiM主催〈DEAD POP FESTiVAL 2016〉DAY.2 灼熱の空気をさらに熱くするCHAOS STAGEの模様をレポ!

Page 2 / 8

No Gimmick Classics

骨太でグルーヴィー、色気も漂わせるアンサンブルで観客を魅了

〈DEAD POP FESTIVAL 2016 "CHAOS STAGE" AUDITiON〉を経て、見事オープニング・アクトの座を勝ち取った3人組、No Gimmick Classics。〈マジで楽しみましょう!〉というHIЯOM.S(ギター/ヴォーカル)の掛け声を合図に、“memory lane”でスタート。グルーヴィーな音色を生み出す神崎峻(ベース)、タイトなリズムを刻み続けるオビナタユウサク(ドラムス)、そこにHIЯOM.Sの軽やかなラップが乗り、自然と身体が動くロック・サウンドが心地良い。

続いてオシャレなカッティング・ギターを用いた“ONEDAY”へ。この曲ではラップとメロウな歌メロを駆使し、いきなりダビーでドープな世界に導いたかと思えば、フリースタイルでラップを挿入するなど、自由度の高い曲調で観客を沸かせた。

〈早い時間に来てくれて、ありがとう!〉と改めて感謝の気持ちを述べると、次は“Иyce DREAM”だ。今度はソウルフルなヴォーカルで存分にその魅力を見せつけ、彼女や家族、友達といった自分の身の回りに人たちに向けた想いをラップで伝える同曲に、多くの人たちが聴き入っていた。
そしてラスト“PPH”に入ると、HIЯOM.Sと神崎がステージ中央で向き合い、レッド・ホット・チリ・ペッパーズばりにフィジカルなアンサンブルを聴かせる。骨太かつグルーヴィー、加えてスタイリッシュな色気さえ漂わせる3人のサウンドは多くの観客を魅了していた。 *荒金良介

SET LIST
1. memory lane
2. ONEDAY
3. Иyce DREAM
4. PPH

40周年 プレイリスト
pagetop