2019.05.21

AORシーンのヴェテラン・シンガーから届いた新作。ソングライターとしても優れた人だが、ここでは2曲を除いてすべてカヴァー。ローリング・ストーンズ、ミシェル・ルグラン、カーティス・メイフィールドなど無節操ともいえる選曲ながら、どれもが都会の夜の物憂くも心地良い雰囲気を纏っている。とりわけ、ソウルフルかつモダンな解釈を施したルー・リードの“Walk On The Wild Side”が出色。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop