addginjahzz『SALADBOWL』grooveman Spotや同郷のt.kawada as PHOENIXを迎えた、金沢のクルーによる超ドープな初のアルバム

2020.01.06

Olive OilやWATTERらの作品に参加してきた金沢のクルーが、ストリート盤『BETTER THAN TODAY』(2016年)ぶりの作品となる初のアルバムを投下。同郷のt.kawada as PHOENIXを迎えたその名も“pink flamingos”という悪夢めいた曲を挿みつつ、ざらついた声質とアブストラクトなリリックで脳を撹拌してくる手練は超ドープのひと言。女声のメロウな歌フックが絶品なシメの“White kicks”はgrooveman Spotの仕事。

 

TOWER DOORS