2020.01.15

PROGRESSIVE FOrMから登場した電子音楽家の7作目は、スクエアプッシャーなど黄金期のワープ勢を思わせる変態高速ビートが攻めまくる“Sky And See”や、オリエンタルな音色使いと幽玄なハイトーン・ヴォイスで迫る“Layer of Soul”を中心に、荘厳さと不穏さの交錯したプロダクションが冴え渡る。ローズの旋律が煌びやかに降り注ぐ“Narrative”もラストを飾るに相応しい多幸感が。卓越したスキルに唸らされる秀作だ。

 

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop