映画「フェリーニの道化師 フェデリコ・フェリーニ」かつてのサーカスの姿を思い出させてくれる想像力の魔法

フェデリコ・フェリーニ 『フェリーニの道化師 フェデリコ・フェリーニ』 IVC (2020)
2021.01.07

「フェリーニの道化師」。1970年当時、サーカスへのオマージュだったこの映画は、ニーノ・ロータのメランコリックでユーモラスな音楽とともに、今ではかつてのサーカスの姿を記憶した地層の一つのようになった。隙のない設計と演出により、目まぐるしい速度で展開するサーカスのポスト・モダンとして知られたシルクド・ソレイユの舞台からは、おそらく想像もできないほどスローで緩いイタリアの旧サーカス。むしろ吉本新喜劇のようだ。我々は身体能力ではなく、共感能力でサーカスを味わっていたことを思い出す。彫刻家アレクサンダー・カルダーが自ら針金で作ったサーカスのミニチュアで遊ぶ映像を思い出した。それは純粋な想像力の魔法。

関連アーティスト