adagio『adagio』CANTUS太田美帆らの新ユニットがバッハやピアソラを取り上げて聴かせる純度の高い歌

2021.01.14

CANTUS(カントゥス)の太田美帆(ヴォーカル)に、小松陽子(ピアノ/ヴォーカル)、根本理恵(ヴァイオリン/コーラス)の3人が結成したユニット、adagio (アダージョ)。デビュー作となる今作は、J.S.バッハ、ヘンデル、フォーレといったクラシックの作品から、各メンバーのオリジナル作品が収録。ヴァイオリンとピアノとヴォーカルが三位一体となった美しいピアソラの“アヴェ・マリア”、J.S.バッハの名曲“ゴルトベルク変奏曲”はピアノでその旋律を紡ぎながら、ヴォカリーズで声を重ね幻想的な空間を作り出すなど、クラシック作品では独自のエッセンスを加えて静謐で純度の高い〈美しい歌〉を聴かせてくれる。

関連アーティスト