TOPICS

冨田ラボがディープに語った新作記事が首位、イ・ラン&柴田聡子の日韓SSW対談も話題のMikiki記事週間アクセス・ランキング

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016.12.20

Mikikiに掲載した記事(レヴュー以外)の、12月12日~12月18日の週間アクセス・ランキングを発表します! 

 

今週の首位は、YONCESuchmos)や安部勇磨never young beach)、城戸あき子CICADA)らMikikiでもよく紹介している若手の面々を歌い手に招いてフレッシュに進化した冨田ラボの最新作『SUPERFINE』についてのインタヴュー。以前のbirdとの記事でも話題になった流石のトークで、ゲスト人選やマシーンと生演奏を絶妙なポイントで落とし込んだサウンドの秘密を語ってくれています。ちょっと長いですが、興味深いこだわりの数々は時間をかけて読む価値ありますよ!

そして、アジアの音楽をテーマに、さまざまなジャンルのリアルな現状を伝える大石始氏の連載〈REAL Asian Music Report〉最新回も注目を集めました。今回は日本でも熱視線を浴びている韓国のシンガー・ソングライターのイ・ランと、彼女の盟友で先日ツアーを共にした柴田聡子の対談。その佇まいから発言まで、すべてが最高にアーティスティックなイ・ランの奔放かつ鋭い物言いに、半ば翻弄されている(!?)聡子さん――その掛け合いが非常にラヴな感じでおもしろいです!

また、3位にランクインしたBO NINGENの連載は、フロントマンのTaigenが今年の夏(!)に来日した際の、怒涛の活動ぶりをドキュメントしてくれています。めちゃめちゃロング・ヴァージョンだったので前後編に分けました……。後編は昨日公開しています。ちなみに、このTaigen回で、bounceウェブ時代から約4年に渡って続いたBO NINGENの連載は終了しました。ロンドンを拠点に世界各地を飛び回る彼らの動向から、知られざる海外の音楽シーンや現地の様子を伝えてくれたレポートはかなり貴重。いまからバックナンバーを遡って読んでも刺激的ですよ。

関連アーティスト