ワールド音楽好きにも◎、アシッド・アラブの初オリジナル作はハウスからエレクトロ系まで本格的なアラビック・ビリビリ・アシッド・ダンスのハイブリッド

2016.11.04

パリ在住のギド・ミニスキーエルヴェ・カルヴァリョによるユニットで、以前に老舗のヴァーサタイルから編集盤『Collections』も出していたアシッド・アラブ。初のオリジナル・アルバムはベルギーのクラムドからリリースとなりました。彼らの持ち味は、15年くらい前にNYのコデックでよくあったような中東系の音楽をダンス・ミュージックに組み合わせました~というあっさりしたものではなく、ハウスからダウンビート、エレクトロ系までわりと本格的なアラビック・ビリビリ・アシッド・ダンスのハイブリッド。数年前からテクノ系のミックスやコンピに収録されたり、エド・バンガービジーPにフックアップされるなど何かと話題でして、今作も謎なジャケ以外は手放しで絶賛したいダンス・ミュージック作品に仕上がっております。イスラエルの3姉妹として話題のアイワをはじめ、モロッコやシリアのミュージシャンらも垣根を越えて参加しており、いわゆるワールド・ミュージック好きの皆さんもきっと気に入るはず!

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop