2018.02.01

パンク~ニューウェイヴといったルーツを意欲的に再解釈した4枚目のアルバム。パンクの精神性を重んじ、形式に捉われない自由度の高い楽曲がズラリと並んでいるが、何をやってもキャッチーなTHE STARBEMS節に聴こえるという強烈な個性がギラリと光る。持ち前のキラキラしたメロディーや、胸を焦がすような熱いコーラスも冴え渡っていて、最後まで聴き手をドキドキさせる緊張感に満ち溢れた一枚だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop