オレンジスパイニクラブ『非日常』きめ細かい音作りが支える切なさ成分たっぷりの恋愛ソングたち

2020.11.04

聴いた途端にじわーっと身体に染み込んできて、気付いたときにはたまらなくクセになってしまっている。そんな切なさ成分たっぷりの刺さる恋愛ソングはいっそう磨きがかかり、アルペジオを活かしたきめ細かい音作りで多感な青春期の憂愁を綴った“リンス”が特に素晴らしい。エモーショナルにぶっ放す“スリーカウント”“ドロップ”も痛快で、バンドとしての方向性が定まった印象を受ける2枚目のミニ・アルバム。

関連アーティスト