サー・ロック(Sa-Roc)『The Sharecropper's Daughter』ライムセイヤーズで活躍のMCが聴かせるタイトなラップと絶品の歌声

2020.12.07

ライムセイヤーズ加入後、着実な活動をキープしてファンベースを拡大しているMCの久々となる新作は、過去作に続いてソル・メサイアが大半のプロデュースを担当。冒頭からタイトなラップを聴かせる彼女だが、“Something Real”など時折披露する歌声も絶品だ。Gなサウンドでブラック・ソートと対峙した“The Black Renaissance”、ド渋なエヴィデンス仕事が光る“Deliverance”あたりが聴きどころ。

関連アーティスト