アレクサンドル・クニャーゼフ(Alexandre Kniazev)『ブラームス:ヴィオラ・ソナタ Op. 120(チェロ版)、4つの厳粛な歌 Op. 121(チェロ版)』チェロに求められる、密度の高い音色で旋律をたっぷり歌う理想的な音楽

ALEXANDER KNIAZEV , KASPARAS UINSKAS 『ブラームス:ヴィオラ・ソナタ Op.120 (チェロ版)、4つの厳粛な歌 Op.121 (チェロ版)』 Avanti Classic (2022)
2022.06.21

密度の高い音色で旋律をたっぷりと歌う。これこそチェロに求められる音楽と思う。それはブラームス演奏に求められるものと合致する。クニャーゼフの演奏はこれらの点で大変理想的なもの。Mirareレーベルでの『チェロ・ソナタ集』の続編とも言える内容。加えて、クニャーゼフのライフワークのような、チェロ以外の器楽作品や歌をチェロに置き換えて奏でることが、“ヴィオラ・ソナタ”と歌曲“4つの厳粛な歌”の編曲演奏でも大成功だ。哀感たっぷりの晩年のブラームスの深い世界を味わうことができる。洗練された演奏技術や解釈による演奏が多い中、内面に沈み込む音楽は心からの感動をよび起こす。

関連アーティスト