有本綾、今日マチ子「今日もピアノ・ピアーノ」ストリートピアノと出会った海斗の成長物語 繊細で柔らかな挿絵も素敵な1冊

有本綾 , 今日マチ子 『今日もピアノ・ピアーノ』 Gakken (2023)
2024.01.23

小川未明文学賞大賞受賞作。小学6年生の海斗が、偶然出会ったストリートピアノと人々との出会いによって、新しい自分を発見していく成長物語。タイトルにもある〈ピアノ・ピアーノ〉は、〈ゆっくり、のんびり〉という意味のイタリア語。ゆっくりと焦らず自分らしく選択し進むこと、そしてその変化は主人公だけでなく、周りの人々にも様々な影響を与えていく様が、丁寧に紡がれていく。塾に習い事にゲームに受験……小学生を取り巻く忙しい現実も、少しだけ見方を変えれば、色鮮やかに世界は広がっていると気付かせてくれる。漫画家・今日マチ子先生による、繊細でいて柔らかな挿絵も素敵な1冊。

関連アーティスト