2019.01.25

そもそもガールズ・バンドという言葉が前時代的だとは思うが、ガールズ・バンド時代から明らかに既存のガールズ・バンドの枠からはみ出た音を鳴らしていた絶景クジラ。メンバーの変遷があり男女スリーピースになってからは、もはや女とか男とか邦とか洋とか関係ない、既存のバンドの枠からはみ出たような音に進化を遂げた。前作『Seasick』にはそれくらいの衝撃があったし、彼女たちもあの作品で今までの自分たちとは違う何かを掴みかけたと思う。だから彼女たちが解散すると発表した時、さほど驚きはしなかったし、寂しくもなかった。

本作は、2月末に解散することを宣言した絶景クジラが、ライヴ会場でリリースするカセットテープ作品(DLコード付き。2月2日から配信でもリリース)。先にMVが公開された“LOVE”は、浮遊感あふれるサウンドに、恋人へとも、バンドを愛してくれた人へとも取れるドキッとするフレーズが飛び出す、彼女たちなりのラヴソング。一方のタイトルトラック“Geological”では、『Seasick』で掴みかけた何かを再びガシッと掴むようなヘヴィなサウンドに載せて、ナツコ・ポラリスがこう歌う。

〈あたしが楽しいことをするから待ってて〉。ほら、何も寂しくない。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop