INTERVIEW

りぶ 『Ribing fossil』 ファンへの想いと現在の自分の立ち位置を宣言するアルバム、楽曲提供アーティストからのメッセージも

りぶ 『Ribing fossil』 ファンへの想いと現在の自分の立ち位置を宣言するアルバム、楽曲提供アーティストからのメッセージも

動画共有サイトを中心に活動する男性シンガー・りぶ。その4作目となるアルバム『Ribing fossil』のリリースを記念して、タワーレコードではフリーマガジン〈TOWER PLUS+〉の臨時増刊号〈別冊TOWER PLUS+〉を8ページの特大ヴォリュームで発行いたします。ここではその中面に掲載されたインタヴューと、楽曲提供アーティストからのメッセージを掲載! 別冊TOWER PLUS+は、タワーレコード全店にて9月18日(水)開店時より配布中です! ※タワーレコードオンラインは除きます。※別冊TOWER PLUS+は無くなり次第終了となります。※天候や交通事情により配布が遅れる場合がございます。

りぶ Ribing fossil flying DOG(2019)

【りぶインタヴュー】

――アルバムとしては実に4年半ぶりとなりますが、4年半という時間への実感はありますか?

「単純に4年歳を取るということで、良くも悪くも声帯や喉の感じも変わってきているとは思います。そこは人間なので変化は絶対あるかなって思っていて。あと前作、前々作とアルバムはビクタースタジオで同じエンジニアさんとやっていたんですけど、この4年半でそのエンジニアさんがプライベートスタジオを構えられて、今回はそこで録音させていただきました。そのなかで思ったのは、やっぱり4年半で自分だけじゃなくて周りの方々を含めた環境もこんなに変わるんだなって。その中で変わらずまた一緒に作品を作れたのはうれしかったですね」

――また、りぶさんが主戦場としているネット音楽シーンのトレンドも様変わりしましたよね。

「そうですね。今回のアルバムでカヴァーさせていただいた“ドラマツルギー”“ロキ”“シャルル”という3曲は、僕がアルバムを出していなかった2015年から現在までを彩ってきたボカロ曲というイメージがあって。そういう意味でいうと4年半経ってシーンも熟成して、僕自身もいろいろ変わってきたのかなって思いますね」

――そうしたボカロや歌ってみたのシーンは近年、J-Popやアニメといった外のシーンからも注目されるようにまたなったと思います。りぶさんもまた、アニメ主題歌となった“疾走”を歌ったように、そうした外のシーンとの向き合った結果が本作『Ribing fossil』なのかなと。

「今、言語化いただいて僕も腹落ちしたんですけど(笑)、たしかに今回のアルバムは“疾走”がベンチマークになっているというか。“疾走”に込めた〈一般の方にも抵抗なく受け取っていただけるようなキャッチーさ〉とか、〈反面そこに忍ばせたいボーカロイドや歌ってみたのニュアンス〉を意識していたなっていま振り返ると思います。そこを起点にそのあとの曲たちもついてきたのかなって思いますね」

――また本作はEveさんやみきとPさん、TOKOTOKO(西沢さんP)さんといったネットシーンのアーティストとともに、Q-MHzや清 竜人さんが楽曲を提供しているのもポイントになっていますよね。

「僕も高校の頃からアニメは好きで、田代智一さんや畑 亜貴さんが音楽で参加された〈涼宮ハルヒの憂鬱〉も観ていたし、あとUNISON SQUARE GARDENも当時ものすごく聴いていて。そんなQ-MHzの田淵(智也)さんや田代さんと顔を突き合わせて歌詞の感じやサウンドの感じをイメージして“カナリユラレテル”を作っていただいたのは、自分としてもうれしい経験というか、生きていてよかったなって思います(笑)。

清 竜人さんも、りぶとして2015年以前に生配信をやっていたときに、弾き語りでカバーさせていただいていたりとか。清さんもピアノバラードからビッグバンド系など作風のすごく幅広い方なので、どんな発注をしたらいいかアルバムでもいちばん悩んだかもしれないですね。でも、いざあげていただいた“Princess”を聴くと、〈これしかないよな〉って思うぐらいパワーのある曲になったなと思います」

――また意外だったのが、“はぐれうた”で小説家の三秋縋さんが作詞で参加されていますね。

「これはディレクターさんからのアイデアがきっかけでオファーさせて頂いたんですが、なんと三秋先生も僕のことを知ってくださっていて。三秋先生ご自身も初めての作詞だったんですけど、Aメロから美しいというか、小難しい言葉を使っているわけではないんですけど、文学的で、本当に素敵でした。作詞の三秋先生、作曲の堀江晶太さん、そして僕、実は3人とも同い年なので、その同世代の3人で1つの楽曲を作り上げることが出来てうれしかったです」

――そうしたさまざまなクリエイターと作ったアルバムは、最後にはご自身が作詞作曲された“fossil”で締め括ります。この曲に込めた想いは?

「アルバムのタイトルトラックを自分の作詞作曲でというのは前作でもやっていますが、前作の“singing”とは言っていることは一貫しつつも視点は正反対みたいなところがあって。“singing”は〈from 自分 to リスナー〉という構図で支えていただいたみなさんへの感謝という気持ちで、今回は〈from 自分 to 自分〉という宣言みたいな意味合いを持たせています。もちろんリスナーのみなさんに聴いていただいての自分があるという大前提は変わらないし、今もその気持ちに十分すぎるほど支えてもらっているよっていうのは伝えたくて、でもごめんね、自分ってマイペースだったり多少勝手にやっているところありますよね……っていう想いを、4年半という歳月をふまえて改めて考えさせられたのもあったので、書かせていただきました」

――ファンへの想いと現在の自分の立ち位置を宣言するアルバムとなった『Ribing fossil』ですが、来年の1月には本作を伴うワンマンライヴが開催されます。

「ライヴでみなさんにお会いできるのは5年ぶりになるんですよね。なので、そこでどんな顔して会えばいいのっていう(笑)、ちょっと照れちゃいますよね。楽しみでありつつ、どういう体験になるんだろうなって想像がつかない。もちろん、自分ができることは歌をお届けすることで、そこで5年ぶりに聴いたけどやっぱりいいな、なんならよりパワーアップしているなって思ってほしいそれだけなので、そこに向けての準備はしっかりやっていきたいと思います。ライヴって生だし、まさに〈今〉ってことじゃないですか。4年半化石としてやっていた自分がこうしてアルバムを出してライヴをやることで、リスナーさんにも僕の〈今〉を感じてもらえたらなって思います」

【『Ribing fossil』楽曲提供アーティストメッセージ】

01.“リア” Message from Eve

書き下ろし楽曲、りぶくんとは10年以上前に知り合って、その時から界隈の中でずっと一緒に居たような人だったなあと勝手に親近感を覚えながら書いていました。
勿論、彼は僕にとって当時から雲の上の存在で、彼が席をあけている間も界隈は目まぐるしく変化し、それでも満たされないものが1つ。ずっと待っていたんだと、そんな想いが詰まっています。

02.“カナリユラレテル” Message from Q-MHz

これだけ歌えるシンガーだと、腕が鳴っちゃいますね。
ということでスピード感満載の楽曲と素直さの浮き出る歌詞で彼の表現力をぶつけてもらいました。いい曲! いい歌! よろしくです!

03.“シャルル”

 

04.“Princess” Message from 清 竜人

女性泣かせの色気のある楽曲に仕上がったと思います。歌声もとても素敵に録音していただきました。是非聴いてみてぴょん。

05.“生命の名前” Message from TOKOTOKO(西沢さんP)

毎度こんなフレーズをりぶが歌ったらかっこよくなるんじゃないか、みたいなことを考えながら制作して、答え合わせをするような気持ちで歌を録ります。我々の自信作“生命の名前”が、皆様の期待値に見合うものかどうか、どうぞ答え合わせしてみてくださいませ。

06.“ドラマツルギー” Message from Eve

収録して頂けて大変光栄です。当時りぶくんはカバー動画を投稿しなくなっていた中、久しぶりの投稿が自分の楽曲カバーで、びっくりしたのをよく覚えています。彼が歌うとまた自分とは違う味が出てとても新鮮で歌声の力強さからいつも元気をもらってます。りぶverのドラマツルギーも沢山の方に愛して頂けたら嬉しいです。

07.“疾走” Message from みきとP

りぶくんへ楽曲を提供させてもらうときにいつも思うのが、りぶとりぶファンの方々の関係。それが時に〈行き過ぎた愛〉であったり〈引き裂かれそうな未来〉であったり、どこへ行っても繋がっている〈赤い糸〉であったり……。そう、Your Rib Story……あなたの〈りぶの物語〉がずっと続きますように。

08.“はぐれうた” Message from 三秋縋

4thアルバム発売おめでとうございます。僕がりぶさんの歌声を初めて聴いたのはまだ学生の頃で、すごい人もいるもんだなあと当時モニターの前で感服していた記憶があります。まさか作詞という形でお仕事をご一緒することになるとは思いもしませんでした。お誘いいただき光栄です。

08.“はぐれうた” Message from 堀江晶太

アルバム発売おめでとうございます。ずっと前から聴いていたあの歌声は今でもやっぱり素敵で、何年も経ってこうして一緒できることをとても嬉しく、感慨深く思っています。また歌ってくれてありがとう。

09.“Focus” Message from Kai Takahashi(LUCKY TAPES)

りぶくんとは今回が初めての接触で知り合って間もないですが、その真摯で優しそうな表情の隙間から見え隠れする狂気的な大人の色気をうまく曲に落とし込めたかと思います。自身の持ち曲としても欲しいくらい満足のいくライティングができた!

10.“ロキ” Message from みきとP

初めて聴いた時からかっちょよくて「うお、これやばい(褒)」と笑ってしまいました。あまりにかっこいいもの、想像を越えてしまった時って人は笑うんですね。ロックンロール!!

11.“夏は雨晒し” Message from 須田景凪

ボーカロイドや歌ってみた等を聴き始めて、1リスナーとしてずっと歌を聴いていた方でした。今回、“夏は雨晒し”という曲を書かせて頂きました。思い入れが強く気に入っている曲です。当時の感覚を思い出しながら、どんな情景がりぶさんに合うのかを考えながら書きました。多くの方に聴いてもらえたら嬉しいです。

12.“fossil” Message from りぶ

多くを望まずフツーに生きてるはずなのに、色んなしがらみやら事情やら面倒くさくて嫌になっちゃうことってありますよね。「でも大丈夫、前を向いて生きていこう」と思えるのって、僕の場合〈音楽〉の支えがすごく大きかったな、と改めて気付かされている、そんな曲です。皆さんに出会ってなければそんなこと考えもしなかったでしょう。本当にありがとう。

Message from 岡崎(タワーレコード町田店)

自らを臆病思考と表現したり、飾らない人柄でありながら一曲歌うとその力強さ、魂、確かな意思を歌声から感じる。生まれ持った音楽の才能。5年ぶりのワンマンでは4年半ひた隠しにしていた魅力が溢れ出ること間違いなし。

Message from uki

4thアルバム発売おめでとうございます。今回ジャケットイラストでは過去3作品の積み重ねの上に立つりぶさんを表現しました。

 

40周年 プレイリスト
pagetop