ヘイゼル・イングリッシュ(Hazel English)『Wake Up!』甘いレトロなムードで包み込んだ夢見心地系の仕上がり

2020.05.07

デイ・ウェイヴの制作したEPが話題を呼んだマラソン・アーティスツ期待の新人の、これがめざめの初フル・アルバムとなる。今節インディー・ポップ界で活躍するシンガー・ソングライターのなかでもメロディーセンスの良さではピカイチと目される彼女だが、予想を裏切ることなく強力な勝負曲で固めることに成功しており、類稀な才能を惜しみなく注ぎ込んだ作品だといっていい。ネオアコ調のメロディアスな曲もさることながら、開放的でドリーミーなサビが待ち受ける“Off My Mind”やフィレス・ポップスに通じる“Like A Drug”など甘いレトロなムードで包み込んだ夢見心地系の仕上がりぶりがハンパなく、これまでと異なるフィールドでの予期せぬ反響を呼ぶ可能性を感じたりも。文句なし。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop