PR
インタビュー

daisanseiは真面目かおふざけか? 食えないやつらの完璧なポップ『ドラマのデー』

(左から)安宅伸明、川原徹也、脇山翔、小山るい、フジカケウミ
 

〈daisansei〉と書いて〈ダイサンセイ〉と読む。もともとはギター/ヴォーカルの安宅(あたく)伸明のソロ・ユニットに、キーボードの脇山翔が合流するかたちで2019年5月に〈大賛成〉としてバンド活動をスタート。2020年2月に現メンバーの5人が揃い、daisanseiへと改名した。

音源も少なく、メンバーさえ固定していなかった2019年夏の段階で早くもインディー・バンドの登竜門的なイベント〈exPOP!!!!!〉に出演、今年も2月にビクターエンタテインメントが主催する新人オーディション企画〈ワン!チャン!!~ビクターロック祭り2020への挑戦~〉に出場。さらにコロナ禍の今年4月以降には、4か月連続で配信シングルをリリースし、ひそかに話題を呼んでいた。

シンプルな言葉で景色や隠れていた感情を浮かび上がらせる歌詞や、口ずさみやすいのに複雑な構成を持つ楽曲、そしてそれを支えるバンド・サウンド。そんなピースが揃ったファースト・アルバム『ドラマのデー』は、なんとフィジカル・リリースではカセット先行だという。彼らが〈ユニット〉から〈バンド〉になってゆく過程を見ているようなこのタイミングで、メンバー全員に話を聞いた。

 

大賛成と手をあげた5人のミュージシャン

――バンドの経歴を見ると、結成が2019年の5月。まだ1年半くらいなんですよね。もともとは安宅さんのソロ・ユニットとしてのスタートだったそうですが。

安宅伸明(ギター/ヴォーカル)「ソロ・ユニットというか、それ以前は完全に趣味でしたから。家でひとりで作って友達に聴かせたり、お母さんに送ったり。そのうちSoundCloudにも曲を上げるようになって」

――それ以前はバンドをやることは考えてなかった?

安宅「やっちゃダメな感じがしてました。厳しそうで。僕はお笑いをやりたかったので芸人を目指してステージに上がっていたんですけど人前に立つのが結構きつかった。〈俺はこういうの無理かもな〉って思って20代前半を過ごしたんです。

だから、音楽もバンドでライブとかじゃなく発表だけでいいし、曲をサンクラとかにあげてボーン!ってひとり歩きして広まるのでいいなと考えてましたね。でも、曲がボーン!って広まらならなかったので、ライブ活動しなければと思って。それでインターネットでメンバー募集をかけたところ、彼(脇山)がだまされてくれたんです」

――でも、あながちだまされたというわけでもなかったような。

脇山翔(キーボード)「……そうですねえ」

安宅「いまだにだまされてるのかもしれない(笑)。最初、彼は自分の周りにいたミュージシャンでメンバーを揃えてくれて、俺がバンドで演奏できる状態にしてくれたんです」

――それが去年の5月ですか。その時点ではバンド名は漢字の大賛成。daisanseiになったのはいまのメンバーが今年の前半に揃ってからだそうですね。

脇山「このバンドらしい歌詞の感じとか音の感じが出来てきたのも、2020年に入ってからだと思います」

――大賛成時代にファーストEPの『箱根』を2019年の7月にリリース。いま『箱根』を聴くと、まだ打ち込みの曲も多いし宅録ユニットっぽいですね。

安宅「最初のEPは僕が宅録でやってきたことをみんなで再現してくれた、というのに近いんです。でも、それが出来たときに〈これだと俺の殻を全然破ってない〉って気がして、そこから変わっていったというか、周りの力を借りるようになっていったという感じです。『箱根』の次に『ショートホープ』というEPを2019年の12月に出して、そこで初めて彼(脇山)と一緒に作った曲が“ショッポ”。そこで他の人の意見を取り入れて曲を作るということもできるとわかったんです」

2019年のEP『ショートホープ』収録曲“ショッポ”
 

――その頃までは、まだ安宅さんのユニットを脇山さんがアシストするという体制だったと思うんですが、そこからいまの5人の〈バンド〉になっていった過程を、せっかく全員取材なので聞いてみたいです。

川原徹也(ドラムス)「僕も最初は募集を見て参加したんです。そのときはアコースティック・ライブでのパーカッション募集で、カホンを演奏しましたね」

安宅「最初はドラマーというより〈カホニスト川原〉でしたね。その頃、作る曲もバンドっぽくなっていってたし、ドラマーが必要となったときも、〈あれ? こないだカホン叩いてくれた人でよくない?〉みたいな(笑)。それで3人でやり始めたのが2019年の9月、10月だったかな」

――女性メンバー2人はどうやって加入したんですか?

脇山「出会ったのは(小山)るいさんが先かな」

小山るい(ギター)「私は前にやっていたバンドで、アコースティックでやっていたときの彼らと対バンしたんです。そのときに声をかけてもらいました」

安宅「2人(安宅と脇山)で〈せーの!〉で声かけました(笑)。弾きざまが美しかったから〈この人を加入させよう〉と決めたんです。でも、そのときは僕らにギターがもうひとり必要なのかもまだ決まってない感じだったので、それから2か月くらいして本気でお誘いしました。TwitterにDMをして。そしたら、そのDMの画像をTwitterにさらされて。〈なんか来たんだけどwww〉みたいな」

小山「ウソです(笑)」

――どっちなんですか(笑)。でも、真意は通じたというか、それで加入を決めたということですか。

小山「いったん話を聞いてみようと思って会いました。ライブで初めて観たときも普通にいいなと思ってたし、そのとき聴かせてもらった曲もよかったので、やってみようと思いました」

――そして、ベースのフジカケ(ウミ)さんが最後に加入。

安宅「バンドに参加したのは、ほぼ(小山と)同時期でしたけどね」

フジカケウミ(ベース)「もともとやっていたバンドが去年の年末で一回休止しまして、その頃にマネージャーから〈このバンドが女性のベーシストを探しているんだけど、やってみないか〉と勧められたのが最初です」

安宅「なので大人経由でした(笑)」

フジカケ「音楽的にはいままで私が聴いてきたバンドとは違ったんですけど、練習のために何度も聴くじゃないですか。聴くたびにすごくハマっていく感じがありましたし、最初にスタジオに入ったときに、(ほかのメンバーと)リズムの乗り方がすごく似ているなって勝手に思ったところがあって、すごく楽しかったんです」

関連アーティスト
TOWER DOORS