PR
インタビュー

daisansei『ドラマのデー』受け手の気持ちをポップに肯定する新進バンドが初の全国流通アルバムを語る

映像的な音と言葉で受け手の気持ちをポップに肯定する話題の5人組が、ついに初の全国流通作品をリリース! 居場所のないあなたに添える音楽とは?

日常のドラマティックな瞬間

 〈居場所のないあなたに添えるポップミュージック〉を掲げる5人組、daisansei。TVの制作会社を辞め、楽曲をアプリなどに投稿しはじめた安宅伸明(ヴォーカル/ギター)が、ネットの掲示板で脇山翔(キーボード)と出会ったことをきっかけに活動がスタートし、今年に入って、川原徹也(ドラムス)、フジカケウミ(ベース)、小山るい(ギター)というラインナップが揃うと、バンド名を〈大賛成〉から〈daisansei〉に改名し、現在に至る。

 「中2のときに『ミュージックステーション』にくるりとRIP SLYMEがコラボで出てて、そのときのくるりの存在感がすごくカッコ良く見えたんです。普通ラッパーとのコラボっていうと、サビで歌う感じだと思うんですけど、メガネかけたおじさんがずっとコーラスをしてて(笑)、これだったら俺もやりたいし、やっていいような感じがして。そこからの初期衝動で、ずっと続けてる感じはありますね」(安宅)。

 「最初にデモを聴いたときから、やりたいことがたくさんあるんだなっていう印象で、将来的にオーケストラが入ってもおかしくないような、いわゆるバンド然としてないデモも結構あったんです。なので、〈フレキシブルにいろんなことに挑戦できるメンバーが集まるといいね〉って話はずっとしていて、ようやく今のメンバーに落ち着きました」(脇山)。

daisansei 『ドラマのデー』 Eggs(2020)

 このたびリリースとなった初の全国流通盤となるファースト・アルバム『ドラマのデー』には、2019年にデジタルで発表した『箱根』と『ショートホープ』からの再録、2020年に4か月連続で配信したシングル曲、書き下ろしの新曲を収録され、これまでの活動の集大成にして、新たな一歩となる作品に仕上がっている。

 「日常のドラマティックな瞬間を切り取ったアルバムという意味で、『ドラマのデー』というタイトルにしました。僕は東京03のコントみたいな、〈どこ切り取ってんだよ〉って曲が作りたくて。そういう切り取り方をすれば無限に曲が出来るじゃないですか? これからもそれをやっていきたいっていう、決意表明のタイトルと言えるかもしれない」(安宅)。

関連アーティスト
TOWER DOORS