イノトモ『丘の向こう』星野源らを支える伊賀航とおおはた雄一がプロデュース 夢想的な感触を湛えたノスタルジックな音

2021.01.14

サウンド・プロデュースをおおはた雄一と伊賀航が務めた3年ぶりの新作が届いた。ゴンドウトモヒコが奏でるユーフォニウムの音色がどこまでも柔らかな“ぬくもり”をはじめ、どことなくノスタルジックな風合いのする曲が多め。夢想的な感触を湛えつつ深い陰影を形作るサウンドに包まれながらふわり宙に浮かんでいるような彼女がやけに麗しく、その歌声に触れていると丘の向こうの友人たちとなんだか無性に会いたくなる。

TOWER DOORS