コラム

Official髭男dismがNO MUSIC, NO LIFE.ポスターに登場! 撮影レポートをお届け!

「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターの撮影レポートをお届け!
CDショップ大賞2020にて大賞の〈赤〉など数々の賞を受賞し、大ヒットを記録した前作『Traveler』から約1年10か月振りとなるニュー・アルバム『Editorial』を8月18日(水)にリリースするOfficial髭男dismがNO MUSIC, NO LIFE.ポスターに初登場!

6月中旬、都内某所のスタジオで撮影は行われました。

2018年のメジャー・デビュー以降、数々のヒットを打ち出し、メディアでも引っ張りだこなOfficial髭男dismの撮影とだけあって、緊張でおなかが痛くなるスタッフも出てくるなど若干ソワソワな現場……。
本日の撮影はどうなるのか!? 早速撮影準備開始!

今回は黒い背景と、平均台を使用する2パターンで撮影をすることに。まずはスタッフでテスト撮影をします。
平均台の上で誰よりもはしゃぐカメラマン・平間至さん。さすがです(笑)!

準備も終わり、メンバーの皆さんが登場! 松浦匡希さん(ドラムス)の元気な「よろしくお願いします!」という声で一気に現場が和んだところで、早速撮影スタートです!

まずは平均台を使用した撮影から。「いつぶりだろう~」と藤原聡さん(ヴォーカル、ピアノ)。

平均台の上でバランスを取るメンバー。そこに「じゃあ1回かっこよく飛び降りてみましょう!」と平間さん。

「行きますよ~! いちにのさんっ」という平間さんの掛け声で一斉にジャンプ!(躍動感!!)

平間さん「メンバー同士で合図したほうが跳びやすいかも?」
藤原さん「〈せーの〉だとBPM分からないよね……?」
松浦さん(すかさずカウント出し)
小笹大輔さん(ギター)、楢﨑誠さん(ベース、サックス)「(逆にタイミングが分からず)???」
一同 「(笑)(笑)」
※最終的に「せーの」に落ち着いていました。

一旦チェック。「ポーズが完全にゲームのキャラクター!」「10年後に居酒屋とかで古くなったこのポスターを見たい!」などチェック中もワイワイと楽しそうなメンバー。これにて平均台での撮影は終了!

続いて、黒い背景での撮影へ。先程までとは違い締まった雰囲気になりそう!

一人ずつ座っていくと自然と斜めに。

試行錯誤の末、肩を組んでみると某あた〇まえ体操の芸人さんみたいに! これには思わず現場のスタッフも爆笑!

「王道もいいね~」「かっこいい!」とこちらの撮影も順調に終了!

続きまして動画のインタビュー撮影。アルバムについてや、今の時代についてなどお話し頂きました! 最後の締めの言葉までこだわってくださったインタビュー動画は撮影のメイキング動画とあわせてアルバムの入荷日に公開予定ですのでお見逃しなく!

Official髭男dismの皆さん、お忙しい中ありがとうございました!


関連アーティスト