ラフ・エンズ(Ruff Endz)『Rebirth』モダンさを意識しつつも若作りはしない絶妙なバランスが光る

2021.09.02

00年代初頭に“No More”などのヒットで脚光を浴びたボルティモア出身のデュオが、解散〜復活を経て3年ぶりの新作をリリース。片割れのデヴィッド・チャンスが引き続き制作面を仕切り、モダンさを意識しつつ若作りしない理想的なコンディションの楽曲が並ぶ。ガイをベタ敷きした“All Of My Love”、ジョデシィを歌い込んだ“Overnight”を例に挙げるまでもなく、ますますK-Ci&ジョジョのようになってきた歌唱の雄々しさが頼もしい。

 

関連アーティスト