キャンプ・ロー、全面援護したスキー・ビーツの浮遊感溢れるスムースなビートと好相性のマイクリレー見せる6年ぶり新作

2015.06.19

ゴールデン・エラ後期を代表するレジェンダリーなラップ・デュオが、6年ぶりのオリジナル新作をリリース。しかも全面バックアップしているのが名盤『Uptown Saturday Night』(97年)を手掛けたスキー・ビーツとか……聴くしかない! 二人の流れるようなマイクリレーと浮遊感溢れるスムースなビートの相性は抜群で、往年のリスナーから若い世代にまでオススメです。天気の良い日にこれ聴いてドライヴしたい!

関連アーティスト
TOWER DOORS