マグレブ系女性SSW、イネス・メゼールがジョン・レイノルズらと制作した新作は80s風サウンドと力強い歌声が魅力の王道ポップ盤

2015.09.04

ジャスティン・アダムスのプロデュースによる前作が話題を集めた、アルジェリアの少数民族とフランス人の血を引くシンガー・ソングライターのニュー・アルバム。今回はシェウン・クティイーノ&ハイド作品に関与していたジョン・レイノルズとのコンビで作られ、マグレブ色は薄めで80s的なキラキラとしたサウンドの王道ポップ盤に。力強く美しい女性を体現したヴォーカルが何よりも魅力的な一枚。

【参考動画】イネス・メゼールの2011年作『Beyond The Trance』収録曲“Amazone”
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop