ヴァーモント、クラウトロックやコズミック志向のアンビエント路線推し進めた2作目は浮遊感ある音世界を展開

2017.02.21

モーター・シティ・ドラム・アンサンブルダニーロ・プレッソと、インナーヴィジョンズを率いるマルクス・ヴァーグルによるプロジェクトの3年ぶり2作目。前作に続き、彼らのルーツであるクラウトロックやコズミック志向のアンビエント路線をさらに推し進め、さまざまなヴィンテージ・シンセによって浮遊感のある音世界が展開される。先行曲“Norderney”に象徴されるフォーキーな味わいもまた深し。

TOWER DOORS