マーク・ラネガン・バンド 『Gargoyle』 ストーナー・ロック界のエースが英国流儀のネオ・サイケに接近、暗黒イメージ覆す新作

2017.05.22

激渋なシャガレ声を武器にストーナー・ロック界のエースとして揺るぎない地位を確立しつつも、常に新たなサウンドへ挑み続けてきた強面シンガー。ニュー・アルバムの相棒はかつて〈ヴァーヴの再来〉とも言われたエグジット・カームの元ギタリストだ。派手な鳴りのエレクトロ・ポップに加え、英国流儀のネオ・サイケ/シューゲイザーにも接近。タテノリのビートに乗せて〈ラララ~〉と歌う姿が従来の暗黒イメージを覆す!

関連アーティスト
TOWER DOORS