INTERVIEW

Poor Vacationは〈シティー・ポップ以降〉をどう生き抜くのか?

Light Mellow・金澤寿和が直撃!

Poor Vacationは〈シティー・ポップ以降〉をどう生き抜くのか?

活況が続くシティー・ポップ・シーンに、ソフィスティケーションを極度に高めた、アーバンな都市型ポップ・グループが登場した。Poor Vacationという5人組である。ヒップホップ、アシッド・ジャズ、AOR、ブギー、ファンク、ラテン、オールディーズなどなど、さまざまなスタイルを持つアーティストが混在し、続々とニュー・カマーが登場してくる昨今だが、こうなるとブーム便乗組も少なからずいて……。はたして5年後、10年後のシーンの構図はどうなっているか、不安になってしまう。そんななかでデビューした Poor Vacationだが、元々は中核である楢原隼人のソロ・プロジェクトとしてスタートし、主にライヴ・シーンで活動を続けてきた。それが何故グループへと進化を遂げたか、そして何処へ進もうとしているのか。そのあたりを、リーダーの楢原とトラックメイカーのcoffee_and_tvに訊いてみた。

Poor Vacation Poor Vacation Mastard(2018)

 

ひとりでやるべき、ソロが向いていると言われたはてに

楢原隼人(ヴォーカル)「元々はカナタトクラスというバンドを組んでいて、作曲とギターを担当していました。リーダーだけどフロントマンではない、という立ち位置で。そのため他のメンバーに対して、強く出すぎてしまった、多くを求めすぎてしまった、という反省がありました。その当時から〈ひとりでやるべき、ソロが向いている〉と言われていたんです。とはいえ最初は、そうするつもりは全然なかった。それがあるときふと思い立ちまして、やってみるか!と。それで立ち上げたのがPoor Vacationです」

――スタートはワンマン・プロジェクトで、それをライヴで披露するためにメンバーを集めた?

楢原「そうです。自分のサウンドを生演奏で再現するため、必要な音に当てはめる形でミュージシャンを集めました。なかには初対面の人もいたのですが、素直に一緒に演ってみたい人に声を掛けました」

2016年のライヴ映像
 

――それが徐々にバンド化していった……。

楢原「ハイ、自分が好きなプレイをする人を集めましたから、最初から彼らに対する期待感があったんですね。それでもはじめは僕から細かい注文をさせていただいていたんですけど、仲良くなるに従っていろいろアイデアを出してもらうようになり、逆に彼らから提案をもらったりして……。そうなると、もうソロとサポートという関係性ではなくなって、自然にグループへと移行していきました」

――すると、いまのライヴは現行メンバーの5人で?

楢原「ライヴでは生ドラムを入れて6人で演っています」

――アルバムでは打ち込みと生がイイ按配で混在してますね?

楢原「集まったばかりの頃は、僕が打ち込んだプリ・プロをメンバーの演奏に差し替えていく作業でした。でもその過程で新たに生まれた楽曲に関しては、最初からパートごとにメンバーへと投げることが多くなって、スタジオで全体像を練り上げました。トータルすると半々ぐらいのバランスです」

――曲作りはすべてご自分で?

楢原「“The Sign of Morning”の歌と曲は、ギターの千葉(泉)がやっています。他のメンバーも曲を持ってきてくれましたが、レコーディングの段階で使える状態なのは、これだけでした。ですから、今後はもっと増えると思います」

――曲はヒラメキで書きますか? それとも楽器を手にしてひねり出すタイプですか?

楢原「ひらめきで書くタイプですね。だからそのラフ・スケッチみたいなデモは大量に溜まっています。ただそこからブラッシュ・アップしていく作業が進まず……(苦笑)。でもココにいるcoffee_and_tv(以下、coffee)はDJでもあるので、楽器を弾かないのに、スゴイ曲を持ってくるんですよ。そこは僕にはないところで、刺激を受けます」

coffee_and_tv(シンセサイザー)「率直に言えば、僕はロクに楽器が弾けない。だからトラックから作っていくんです。いろいろなアプローチができる、というのがグループの特徴になれば、と思っています」

 

プリファブ・スプラウトとデイム・ファンク、ラー・バンドをイメージした

――アルバムの音楽的な狙いは、どの辺にあるんですか?

楢原「基本的には〈歌モノ〉ということしか決めませんでした。そのぶんアレンジで、ジャンルやテイストを幅広く取り込みたいと思っていて。自分のなかでいちばん取っつきやすいのは、プリファブ・スプラウトやブルー・ナイルみたいなネオアコとかライト・ファンク系。なので、そういうカラーは自ずと出ていると思います」

――おそらくラー・バンドもお好きですよね?

※ビートルズなどのオーケストラ・アレンジで知られる英プロデューサー、リチャード・アンソニー・ヒューソンのソロ・プロジェクト。ファンキーで洒脱なサウンドがカルト的な支持を得ている

楢原「ハイ、大好きです! このグループを始めるときに自分でイメージしていたアーティストが3組いて。それがプリファブとデイム・ファンク、ラー・バンドなんです。オープニングの“Tristeza”インスト版は、coffeeがひとりで完成させましたが、まさにラー・バンドのイメージで発注しました。プリファブはジャンル的な接点としては薄いんですが、サウンドが持つロマンチックな感覚が共通していますね」

coffee「“頭城市の蜃気楼”も、最初はもっとラー・バンドに寄せてました。スペイシーな音作りとか。最終的にはもっと地に足が着いた感じになりましたが」

 

踊り疲れた後の虚無感や帰り道の孤独感に寄り添う

この〈頭城市〉は台湾に実際にある街。楢原がそこを訪れたとき、宿泊したホテルが洋館と日本家屋と農場が合体したような、まるでデヴィッド・リンチのSF映画に出てきそうなシュールな空間だったそうだ。それをイメージして、無国籍感を捻出しようと書いたという。

――歌詞への想いも深そうですが……。

楢原「それは、ありますねぇ。具体的に説明するのは難しいんですが、基本的にはポジティヴなことを歌いたい。ただ自分は太陽のような明るさとか、100%天然果汁みたいな純粋さにはリアリティーが感じられなくて……。その代わりに物事の影の部分、闇の側面を語りながら光の部分を炙り出す、そうしたメタ的なアプローチが好きなんです。ポジティヴなことを歌いたいけど、その背景や流れも同時に感じさせるもの」

――そこはプリファブに繋がりますね。

楢原「イヤァ、彼らの詞はもっと難解ですよ。それなのに、スゴく内に刺さってくる。自分もそういう曲が書けるようになりたいです」

――同じシティー・ポップ系でも、最近はアイドルみたいなストレートな歌詞が多くて、松本隆さんのような文学っぽい人がいませんね。

楢原「〈朝まで踊ろう〉みたいな歌詞、僕には絶対書けないです。それはそれでステキですし、みんなに元気を与えられたりするんでしょうけど、そこは他の方にお任せして、自分は踊り疲れた後の虚無感とか帰り道の孤独感を歌いつつ、でも寂しくないんだ、みたいなことを歌いたいんです」

 

シティー・ポップを作っている感覚はないんです

――ライト・ファンク的なサウンドとの出会いは?

楢原「ライト・ファンクへの入り口はダフト・パンクでした。そのルーツを探るうちにディスコやソウルに辿り着いて、80’sブラックに行き当たった。coffeeと最初に組んだ頃に話したのもオーラとかスターポイントなんです。808を効果的に使う80’sのファンク・バンドですね。だからブルーノ・マーズやタキシードが人気を得ているなかで、僕らもやれるのは、とてもラッキーだと思います。生と打ち込みのバランス感は特に考えてないので、自然に収まった感じですね」

coffee「ワンマン・プロジェクトから発展して、現状ではバンド未満な立ち位置にいるので、録音には録音の良さが出せればいい。例えば“Metropolis”という曲は、最初は生ドラムで録っていたんですが、僕が提案したアレンジが採用されて、808のビートになりました。だからそこは柔軟に楽曲次第で、良いものを作れる方向に進めばイイと思っています。いまは使っていませんが、僕自身は同期モノだってアリじゃないかと。ジャッジするのはリーダーですけど」

楢原「同期はいまのところ挫折してます(笑)。 同期自体はイヤでも何でもないんですが、今回は〈歌モノで行く〉と決めたときに自分の中で同期とは相容れなくて。僕の同期に対するイメージは、もっとミニマムなインストやクラブ・ミュージックで、歌モノではないんですね。歌モノにするなら、やっぱりメロディーの美しさや感情、熱さみたいなところに拘りがあって、それを打ち込みや同期で表現する術が見つけられない。でもこれからは、あまり歌モノの熱感に縛られず、ミニマムな手法やハウスっぽいモノも導入したいと思っているので、おのずと同期が増える気がしています」

――でもそうなると、シティー・ポップからは距離が出てくる……。

楢原「自分としては、シティー・ポップを作っている感覚はないんですよ。ただ音楽オタクなので、雑食的に好きなジャンルを詰め込んでミックスさせて、自分のモノとして吸収したうえで出したい。自分がそれを歌モノでやれば、結果的にシティー・ポップと呼ばれるところに行くのかなぁ、と思っています。それにメンバーも、いろいろなネタを持ってくるので、収拾がつくのかと不安になります(笑)」

coffee「ホントにバラバラなんですよ。僕はAORとか80年代の音楽が好きで、船村(大輔、キーボード)さんは最近のR&B、ギターの泉さんがポール・サイモンとかジョニ・ミッチェルみたいなアコースティックもの、みたいな感じなので、整合性をつけるのがひと苦労なのです。でもそれができたらおもしろい、と思っています」

楢原「僕は最近、キャンディ・オペラにハマりました。ネオアコというか、プリファブみたいな音で…。いまの(メンバーの嗜好がさまざまという)話をしていて思い出したんですけど、高橋幸宏さんの METAFIVEって、メンバーのラインナップだけでもスゴいのに、制作の方法もちょっと変わっているんです。メンバーそれぞれが2曲ぐらいずつ出し合って、そのファイルを回覧しながらアイデアを足していくそうで。そして自分の所へ戻って来る頃には、曲が出来上がっている。これって理想的じゃないですか。皆さんバックボーンも好きなコトも違っていて、個性派揃いですが、それがひとつのファイルに集約されていく。僕がこのグループでやりたいこともそれに近いので、理想的なやり方だな、と思っています」

※80年代に活動した知る人ぞ知るインディー・ポップ・バンド。彼らを紹介した連載〈ろっくおん!〉はこちら

coffee「最近、流行ってきた方法で、〈コーポレート・ライティング〉と言うそうです。僕らにフィットしそうなやり方ですよね」

楢原「たとえばトラックメイカーがヴォーカルをフィーチャーするときって、そういう考え方だと思うんです。歌詞やメロディーを咀嚼して表現してもらうから、希望は伝えつつ相手を信頼して。それってイイなぁと思っていました」

 

さまざまな個性を活かし、大きな絵を描く

――アルバムはホーン・セクションを入れたのが意外でした。

楢原「2月にレコ発ライヴがあるので、そのときもホーン・セクションも入れて、賑やかに演ります」

coffee「レコーディングでホーンを使ったときに、イメージが激変したんですよ。アルバムの重要なポイントになったので、これはライヴでもやらないと、と思いました」

楢原「いま一緒にスタジオに入っていますけど、ホント〈サイコー〉としか言いようがない」

――ということは、元々生音に対する欲求や憧れがあったのかな? ワンマン・ユニットのときからライヴではバンド編成だったワケでしょう? 普通宅録系の方って、ステージには立ちたがらないけど……。

楢原「僕の場合、欲求というより最初はコンプレックスでした。前のバンドのときからそうなんですけど、自分が打ち込みで作った音をバンドに変換していく作業において、〈どうも上手くいかない〉という感覚があったんです。でも今回新しいグループを組んだからには、そこは納得できるまで突き詰めたいと。自分も根っこは宅録派なので、本来はひとりで自分の世界を構築したい人なんです。でもそこはもうやり切ってしまったというか、満足してしまった、限界を悟ってしまった……。気概のある人なら、そこからまたトラックメイカーとして仕切り直せたんでしょうが、僕はちょっと違ったコトにトライしてみようと考えました。自分ができないなら、できる人に頼めばイイじゃないか、できる人と組めばイイじゃないか、って」

coffee「だから僕らも、いままで彼がひとりで表現してきたモノを、より良い形にしてあげられると思って、メンバーになったんです」

――まさにそこがグループの醍醐味ですよね。プロジェクトからグループへと、理想的な進化を遂げています。

楢原「実際このアルバムは、僕が主導して作ったものを、他のメンバーたちの力を借りて完成させたモノだと思うんです。それを踏み台にワンステップ上がることができて、いまはメンバー同士がフラットな関係になってきた。ですからココから先は、彼らから出てくるアイデアをドンドン導入して、もっとグループの立体感を出したいと思っています。自分もそれを楽しみにしているんですよ」

coffee「楢原くんは大きな絵を描くのが得意なので、メンバーはその絵の具体化に貢献しつつ、一緒に人前へと出してもらう。でないと引き籠りになっちゃいそうなヤツが多いので……(笑)」

 

眼前に広がる荒野にポツンと立っている感じ

完全にブーム化しているシティー・ポップ・シーンは、いまがピークにある。いきなり武道館に進出する急成長アーティストもいるが、ある種バブルに乗っている感は否めないし、これからサヴァイヴァルの時代に突入するのも目に見えている。

楢原「初のアルバムが出たばかりでナンですけど、意気揚々という感覚は全然なくて、焼け野原というか、目の前に荒野が広がっていて、そこにポツンと立っている、そんな気持ちです。なので、ヒット曲を出してグレー・ゾーンのリスナーを大量に増やすよりも、僕らは本当に理解してくれるファンを作りたい」

coffee「それを〈志が低すぎる〉と怒ってくれる方もいますが、僕らはヒットではなく、10年後も聴き続けてもらえる息の長いマスターピースを作りたいんですよね」

楢原「そうした耳の肥えた音楽ファンに納得していただける作品を出し続ける方が、かえってハードルが高いと思います」

 

デビューしたからこそ、その先に続いている茨の道を確認した。彼らはきっと、それをシッカリ踏みしめて前進していくだろう。

 


Live Information
Poor Vacation 1st Album Release Party

2019年2月24日(日)東京・渋谷7th Floor
開場/開演:18:00
料金:前売り 2500円(別途ドリンク代)
出演:Poor Vacation/Okada Takuro(band set)/Orangeade(band set)/pavilion xool × パソコン音楽クラブ柴田(dj set)
VJ:ノレ
★イープラス購入ページはこちら

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop