西脇義訓、デア・リング東京オーケストラ 『メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調作品90 「イタリア」/ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92』〈空間力〉重視した演奏

西脇義訓 , デア・リング東京オーケストラ 『メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調作品90 「イタリア」/ベートーヴェ ン:交響曲第7番イ長調作品92』 fineNF (2019)
2019.09.03

この「イタリア」は凄い。当時多くの芸術家たちが夢みた憧れの地が、油彩でも水彩でも写真でもなく、柔らかな自然光とともに目の前に浮かんでくるような演奏である。西脇&デア・リング東京の特徴は、「空間力」の重視=自分たちの発した音が最終的にホールでどのように響くのかを重視する姿勢にある。そのため「イタリア」においては、奏者は通常の配置とは全く異なる位置で立奏し、楽器ごとのグルーピングもないという。さらに面白いのは目で見てではなく、耳で聴いて合わせるため、各人は指揮者の方を向く必要もないというのだ。配置の工夫が奏者の意識を変え、未聞のサウンドを生むという注目すべき例だろう。

TOWER DOORS
pagetop