SEVENTEEN『; [Semicolon]』〈レトロ〉な雰囲気を取り入れつつ、さまざまなジャンルの音楽を一度に味わえ、グループの魅力も堪能できる秀作

2020.10.28

韓国の13人組ボーイズ・グループSEVENTEEN。ヴォーカル、ヒップホップ、パフォーマンスの各3チームで構成され、名前には〈13人のメンバー+3つのチーム+1つのグループ=17〉という意味がある。楽曲制作から振付に至るまでメンバー自ら担当。2018年に日本デビューし、日本でも着実に人気を獲得している。

そんな彼らがスペシャル・アルバム『; [Semicolon]』にてカムバック。本作には、〈;〉という一旦区切りをつけながらも、文章は続くという役割から、休みなく走る若者に〈少し休んでいい〉というメッセージが込められている。タイトル曲“HOME;RUN”は、レトロ風のサウンドに、軽快でポジティヴな気持ちにさせてくれるループ必須の一曲。切なくも優しい音色で聴かせる“やっと(All My Love)”に加え、発売前から話題となっていたline(生まれ年)別のミックスユニットの楽曲も収録されている。マンネ(末っ子)lineは爽やかなヒップホップ調の“Do Re Mi”、97 lineはファンクで刺激的な“HEY BUDDY”、96 lineはラテンかつボサノバを基調としたムードある“心に火をつけて(Light a Flame)”、95 lineは艶やかでジャジー・ヒップホップのような“AH! LOVE”と色合いはさまざま。

アルバム全体のコンセプトである〈レトロ〉な雰囲気をそれぞれの曲に取り入れつつ、さまざまなジャンルの音楽を一度に味わえ、グループの魅力も堪能できる秀作だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS