PR
コラム

パール・ジャム(Pearl Jam)を2020年代に聴くということ

『MTV Unplugged』CD化を機に噛みしめた、彼らが生き続ける理由

パール・ジャム(Pearl Jam)を2020年代に聴くということ

90年代にグランジ/オルタナティヴ・ロック・ムーヴメントの寵児として登場し、以降30年近くにわたりモンスター・バンドとして音楽シーンに君臨しているパール・ジャム。彼らが初作『Ten』(91年)をリリースして半年後の92年3月に出演し、そのパフォーマンスが視聴者から賛辞を集めたTV番組が「MTV Unplugged」である。エリック・クラプトンらの出演でも知られる同番組は、その名の通りアコースティックでの演奏を撮影したもの。なかでもパール・ジャムの出演回は、屈指の名パフォーマンスと言われてきた。

今回、その演奏を収録した『MTV Unplugged』が初めてCD/デジタルとしてリリース。かねてからパール・ジャムのビッグ・ファンであることを公言し、彼らの海外公演にもたびたび足を運んでいるライターの上野功平が同作の魅力……のみならず今年に入ってからのバンドの動きもまとめつつ、2020年にパール・ジャムを聴く意味までを熱く綴った。 *Mikiki編集部

 


パール・ジャムとともに生きてきたアメリカの人々

「オーマイガーッ! オーマイガーッッ!!」

スリリングなオープニング“Once”から、長尺ジャムになだれ込んだ“Even Flow”を経て、ストーン・ゴッサードが奏でる“Alive”の力強いギター・リフが鳴り響いた瞬間、すべてを確信したオーディエンスがどよめいた。あちこちでハイファイヴが交わされる場内を満たすのは、〈とんでもないことが起きている!〉という高揚感。後にも先にも、あんな空気を味わったライブは一度きりだ。

2016年4月29日、米フィラデルフィアのウェルズ・ファーゴ・センターで開催されたパール・ジャムのコンサートは、彼らがデビュー・アルバム『Ten』を24年ぶりに完全再現した伝説の一夜として語り継がれている(会場側が用意した〈10回連続ソールド・アウト〉記念のフラッグを見て、急遽思いついたのだとか)。僕は幸運にもこの現場に立ち会えたひとりだが、脂の乗り切ったタフでしなやかなパフォーマンスはもちろん、巨大スクリーンに次々と映し出された観客の表情が今でも忘れられない。

ジェフ・アメンとマット・キャメロンのグルーヴがエグいほど絡む “Why Go”、美しいリフレインと大合唱がさざ波のごとく広がっていく“Black”、そしてエディ・ヴェダーがMCで〈亡き者たち〉への祈りを捧げた“Release”。それぞれの楽曲にそれぞれの想いとストーリーがあるはずだが、どこを切り取っても映画のワンシーンのように感極まった顔を見せるファンたちを見て、アメリカ人としてパール・ジャムと同時代を生き抜いてきた彼らの人生を、心の底から羨ましいと思った。

2016年4月29日のライブを収めた公式映像より、『Ten』収録の“Why Go”

 

バンドの30周年アニヴァーサリーとなるはずだった2020年

新型コロナの無い世界線であれば、2020年はパール・ジャムにとってライブ・デビュー30周年のアニヴァーサリー・イヤーとなるはずだった。3月にリリースされた渾身のニュー・アルバム『Gigaton』を引っさげたワールド・ツアーもすべて翌年以降に延期となり、いちファンとしても失意のドン底に突き落とされた気分ではあったものの(筆者はUK&ヨーロッパでの5公演に行く予定でした)、未曾有のパンデミックにこのバンドが沈黙を貫くわけもなく……。

まず4月には、レディー・ガガがキュレーションした医療従事者の支援を目的とするイベント〈One World: Together At Home〉にエディがリモート出演し、『Gigaton』の最終曲“River Cross”を教会のオルガンを使って演奏。6月10日には、米ワシントン州の団体〈All In WA〉とAmazonが企画したチャリティ・コンサートにメンバーがそれぞれ自宅から登場して、トーキング・ヘッズを彷彿とさせる新機軸“Dance Of The Clairvoyants”をライブで初披露してみせた。

〈One World: Together At Home〉での“River Cross”
〈All In WA〉とAmazonの企画によるチャリティ・コンサートでの“Dance Of The Clairvoyants”
メンバーの他にエディの奥さん&娘さんや、レッド・ホット・チリ・ペッパーズを脱退したジョシュ・クリングホッファーの姿も確認できる
 

10月に入ると、24時間限定で入手可能だったチャリティ・コンピレーション『Good Music To Avert The Collapse Of American Democracy, Volume 2』に収録されていた重厚感の漂う新曲、“Get It Back”をデジタル配信でリリース。さらに、アメリカ大統領選挙への投票を呼びかける〈PJ Votes 2020〉を公式サイトで立ち上げたかと思えば(ちなみにパール・ジャムはバイデン支持)、件の『Ten』再現セットのフル・パフォーマンス映像を10月22日――ちょうど30年前、彼らがシアトルのヴェニュー、オフ・ランプ(The Off Ramp)で初ライブを行った日でもある――から4日間限定でオンデマンド配信したばかりだ。

“Get It Back”
 

また、11月27日(金)にはストーンが元バンドメイトのマット・チェンバレンらと組んだ新プロジェクト=ペインテッド・シールド(Painted Shield)のデビュー・アルバムも控えているそうだし、ここに来てパール・ジャムの動きはかつてなく活発だと言えるだろう。その流れで突如発表されたのが、この度11月4日に日本盤がリリースされた『MTV Unplugged』である。

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS