NAYUTAH『NAYUTAH』沖野修也とDJ KAWASAKIの支えを得て都会的な歌世界を描き出した初アルバム

2020.12.25

RYUHEI THE MANが主宰するAT HOME SOUNDの第1弾リリースとなったデビュー・シングル『GIRL/見知らぬ街』(2018年)がMUROのエディットということもあって話題を呼び、その後もDJ JINのエディットした『黒のタートルネック/何もかも』など7インチを重ねてきた新進シンガーが待望のファースト・アルバムをリリース。全曲でブレーンの沖野修也が作詞、DJ KAWASAKIが作曲を担当し、ソウル/ファンクのグルーヴィーな滋養と芯のあるヴォーカルが都会的な歌世界を描き出す。言葉が拡散するうちに妙に無菌的で子どもっぽくなった昨今の二次創作的な〈シティ・ポップ〉とは一線を画す、マチュアな歌謡性を備えた仕上がりがかっこいい。ジャケのセンスから窺えるこだわりも素敵な一枚。

関連アーティスト
TOWER DOORS