トピック

たなかひろかず(田中宏和)、“めざせポケモンマスター”などのデモ集『Lost Tapes』をリリース

たなかひろかず(田中宏和)、“めざせポケモンマスター”などのデモ集『Lost Tapes』をリリース

たなかひろかずのプライベート・デモ音源集『Lost Tapes』が2021年3月24日(水)にリリースされる。

「ドンキーコング」「マリオブラザーズ」「メトロイド」「MOTHER」といった名作ゲームやアニメ「ポケットモンスター」の音楽などで世界的に知られる作曲家、たなかひろかず(田中宏和)。彼が80~90年代に残したデモ・テープの数々を編集した『Lost Tapes』が、このたびリリースされる。

『Lost Tapes』に収録されるのは、“めざせポケモンマスター”(97年)の最初期のデモをはじめ、のちに〈あのヒット曲〉の元になったプライベート録音など。厳選された25曲を聴くことができる。

たなかひろかず

監修を務めたのは、たなかのファンで彼からの影響を公言するミュージシャンの佐藤優介だ(佐藤は「MOTHER」の音楽を演奏した〈鈴木慶一 ミュージシャン生活50周年記念ライブ〉などでたなかと共演している)。なお『Lost Tapes』のブックレットには、佐藤による7,000字に及ぶたなかへのインタビューが掲載されるという

たなかのファン垂涎の貴重な音源が詰まった『Lost Tapes』。ぜひ手に取ってほしい。

 

*2021年3月4日追記

たなかひろかずと『Lost Tapes』の監修者・佐藤優介からコメントが届いた。2人からのコメントは以下のとおり。

まさか25年以上経った過去のデモテープがこんな形で発売されるとは思ってもみなかった。
しかし、全曲通して改めて聞いてみると、なんともヘンテコリンな作曲家ではないか、、と。
そのとっ散らかった曲達をよくもまぁうまく一つのアルバムにまとめてくれたなぁ、、と、ありがとう佐藤くん!!
(たなかひろかず 2/20/2021)

驚きと発見の連続。
だれもが知るポケモン主題歌のだれも知らなかったアウトテイク。それらの原型となったデモや、各時代の貴重なプライベート音源は、歴史的な価値だけではなく、音楽の可能性や瑞々しいアイディアが生まれる瞬間に立ち会うことを許してくれる。
今なおエッジィであり続け、世界中からリスペクトを集める作曲家の、秘められた実験記録。
(佐藤優介 2/21/2021)

また、『Lost Tapes』のトレイラーがYouTubeで公開に。こちらもぜひチェックしてほしい。

 

 


RELEASE INFORMATION

たなかひろかず 『Lost Tapes』 SUPER FUJI(2021)

リリース日:2021年3月24日(水)
フォーマット:CD
品番:FJSP428
価格:2,650円(税抜)

TRACKLIST
1. OP Type B2
2. ED Type C
3. ESP 8
4. Summer Demo
5. Spring Demo
6. Syukudai Demo
7. Bye Bye Demo
8. Coco
9. You & Me Demo
10. PP Demo 2
11. Space X
12. Tomorrow’s Sunset
13. Glorious March Demo
14. M45
15. Karasu Demo
16. Love me
17. Small Gift
18. Fairy Wings
19. Autumn Wind
20. Martian Bird
21. PPU Dance
22. Fugacity A
23. Waltz 3
24. Space Attack “Q”
25. Spacemen’s March

 


PROFILE: たなかひろかず(田中宏和)
80年、任天堂入社。アーケード版「ドンキーコング」「マリオブラザーズ」、ファミリーコンピュータ「メトロイド」「パルテナの鏡」「ドクターマリオ」「MOTHER」、スーパーファミコン「MOTHER2 ギーグの逆襲」など数々の人気ゲームの音楽や効果音、プログラム制作を手掛ける。
退社後〈たなかひろかず〉としてTVアニメ・映画「ポケットモンスター」で数多くの音楽を手がける。
また〈Chip Tanaka〉として2018年に〈FUJI ROCK FESTIVAL〉への出演をはじめ、国内外のミュージック・フェスティバルに出演するなど、ゲーム音楽にダブやテクノなどの音楽性を取り入れたパイオニアとして絶大な評価を得ている。

TOWER DOORS