PR
インタビュー

Yellow Studs『DRAFT』日々を懸命に生きる者たちに共鳴した最高作

「18年間本気でやってきた、俺たちのロックンロールが完成したなという感じです」

いいことばかりじゃない日々を懸命に生きる者たちへ寄り添うロックンロール。その切実な叫びは、空前の災禍と共に過ごすこの時代だからこそ響くはず!

最高のものが出来た

 「18年間やってきて初めて、発売前に、友達に〈アルバム出るから聴いて〉と言ってるんですよ。最高のものが出来たし、18年間本気でやってきた、俺たちのロックンロールが完成したなという感じです」(野村太一、ヴォーカル/キーボード)。

 職人気質の誠実さで、大人のロックンロールを、働く者たちの賛歌を、マイノリティーの矜持を歌い続けてきたYellow Studsの最高作の誕生を祝おう。通算10枚目のフル・アルバム『DRAFT』――バンドは幾多の苦難を乗り越え、いかにして傑作を生んだのか?

 「Yellow Studsには一貫して〈ロックンロール〉というものはあるんですけど、曲で表すといろんなスタイルがあるんですよね。今回はそこで全員が自分のやりたいものを出せたと思うし、統一されたアルバムでありつつ、いろんな音が楽しめるアルバムだと思います」(高野玲、ドラムス)。

 「ドン・キホーテみたいだよね。1階が食品、2階が生活用品とか、何屋なのかわからないけど統一感がある。……あんまりカッコ良くない例えだったな(笑)」(太一)。

 アルバムの制作背景を振り返ろう。9作目『TRINGLE』のリリースが2017年5月。2018年にはドラマーの交代があり、高野が加入。新体制でライヴを積み重ねていくも、2020年はコロナ禍により活動がストップ。太一の体調不良も重なり、バンドは苦境に陥るが、ロックンロールの神様、そしてYellow Studsを愛するファンたちは、決して諦めない彼らの生き様をしっかりと見ていた。夏に実施したクラウドファンディングでは、予定金額の8倍を超える資金調達に成功。アルバム完成への道は整った。

 「お金も自信もいただいて、本当に感謝しかないです。ただ、あんなにいただいちゃうと、いい作品を作ろうというプレッシャーが普通はかかってくると思うんだけど、それはなかったです。身体を壊していて、痛みで起き上がれない時期もあったので、とにかく起き上がれる時を狙って曲を書こうと、それだけに集中していました。おかげで、誰が気に入ろうが気に入るまいが、〈俺が本当に言いたいのはこういうことです〉というものになったと思います」(太一)。

 「今回初めて自分のエゴを出せたというか、わがままにやらせてもらったなという気持ちがありますね。ドラムが高野さんに代わって、アンサンブルだったり、歌詞だったり、いろんなことに気を配って叩いてくれるので、安心して頼れたことも大きいかもしれない」(植田大輔、ベース/コーラス)。

 「協調性を考えることも必要なんですけど、今回はそれを抜きにして〈すまんけど、やりたいと思ったことを全部やるよ〉という感じ。先行配信の“汚れたピースサイン”“直感のススメ”の出来がめちゃくちゃ良かったんで、あのテンションのもっと上をいきたいなと思って、アルバムの曲を録っていきましたね」(野村良平、ギター/コーラス)。

関連アーティスト
TOWER DOORS