キングス・オブ・コンビニエンス(Kings Of Convenience)『Peace Or Love』柔らかなネオアコ・サウンドを満載し12年ぶりに帰還

2021.07.29

12年ぶりのアルバムは、もう彼ららしいシンプルで柔らかなネオアコ・サウンドが思う存分に楽しめる内容だ。〈Aメロ、サビ、Aメロというポップスの設計図を巧みに無視している〉と彼らが語るように、曲の複雑な構成が非常に興味深く、聴き手に刺激を与えるが、最終的にポップで聴きやすい作品に着地させているところは流石ですね。ファイストがヴォーカル、ステイヴスがソングライティングで参加。

関連アーティスト