PR
コラム

神宿『THE LIFE OF GIRLS』5人それぞれが表現した〈女の子の人生〉に、塩見きらのセルフ・ライナーノーツで迫る

〈アイドルの人生〉を描いた前作に続く待望のアルバムは、〈女性としての人生〉を各人が表現した『THE LIFE OF GIRLS』。その内側をメンバー・塩見きらのセルフ・ライナーノーツで紹介しよう

 原宿発5人組アイドル・ユニット。神宿として5枚目となるフル・アルバム『THE LIFE OF GIRLS』は、前作『THE LIFE OF IDOL』に続き、自分たちの内面性を表すと同時に、女性としての自分や、世の中との繋がりについて深く考え、この時代を生きる女性を表現し、完成した作品。「あなたにとって、アイドルとは一体なんですか」。これは、私がインタヴューなどで、何度も聞かれた言葉である。そして、自分自身にもよく問う。正解はわからない。でも、私にとってアイドルとは、夢であり、この世に必要な希望である。女性として生きる私が、アイドルという肩書きを持って生きているいま、〈GIRLS〉に閉じ込められた〈IDOL〉について、改めて考える。

 

羽島めい

1. Intro:Attitude
羽島めいによるグループ初のソロ曲。彼女の初めてのソロ曲は、自分軸での、過去・現在・未来を表現し、タイトルの〈Attitude〉には、アイドルの〈姿勢〉という意味もこめられている。グループでもラップを担当する彼女。以前、〈アイドルはこうでなければいけない〉という型にハマりたくないと語っていたことをよく覚えている。バッサリと髪を切り、ショートヘアになった今の彼女が考える、アイドルの姿勢とは。

2. Brush!!
女の子って可愛い!――よく聞く耳に残るこのフレーズ。女の子だからいつも可愛くいたい、そんな心の奥の想いを肯定してくれるようなフレーズは、時に自信のない自分を肯定してくれるような気がする。可愛くおしゃれして出かけたい夏の朝、天気の良い空を見つめ、アイスクリームを食べてお昼寝をしたい昼、がんばった自分にご褒美をあげたい夜。女の子ってわがままで、だけどそれって計算されてるんです。

3. 明日、また君に会える
新型コロナウイルスによって、世界中がダメージを受けていた時、同じように神宿もとても苦しい思いをした。自宅から出られず、ファンの方と会えなくなってしまった自粛期間。〈みんなに会いたい〉と、いつかまた会えることを願い希望を込めた楽曲。季節が巡り、あれから一年たったいま、何が変化し、どのくらい状況がよくなっただろう。それでも、また君に会えていることが、何よりも幸せ。

4. MAD GIRL
女性として強く生きたいと願う姿を表現した楽曲。鏡に映る〈私〉と心の中の本当の〈私〉の二面性を、〈あなた〉と〈私〉の2人で表現し、自分を苦しめる自己顕示欲や、自己承認欲求、そして過去から逃れたい私は、いっそあなたを殺してしまいたい。私はあなたを嫌うけど、果たして私はあなたのことを本当に深く理解しているのか。悲痛な叫びはいまも、私の心の中で叫び続けている。

塩見きら

5. 在ルモノシラズ
塩見きらがグループとして初の作詞に挑戦した楽曲。Misumi(DUSTCELL)との共作で、MVは初のアニメーション作品。夕暮れの空を見ると、地元の夕焼けを思い出す。上京して、駅の近くのワンルームに住んでいた私は、踏切の音を聞きながら空を見つめて涙を流していた。いつか、すべてがみずみずしく変わっていますように。いつか、すべてが幸せで溢れていますように。いつか、伝えられますように。

6. Erasor
神宿で初のユニット曲は“Erasor”だった。一ノ瀬みか・小山ひな・塩見きらの3人が歌い上げるバラードは、〈変わりたい私〉をテーマに描かれた。変わりたいと、アイドルのオーディションを受けた。変わるって一体なんなのだろう。変わるためには、何かを捨てなくてはいけない。本当のことなんて、何もわからない。でもね、本当はすべてわかっているの。

タグ
関連アーティスト