上田麗奈『Nebula』演技派声優がダーク・ポップやピアノトロニカを交えて描く〈立ち直り〉の物語

2021.09.16

演技派で知られる声優の新作は、負の感情から立ち直るまでの心の動きを作品全体で描いた、物語のような一枚に。TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND製の今様ダーク・ポップやディスコードな響きのピアノトロニカといった、心の闇がチラつく前半部分があるからこそ、本人作詞のメロウな“プランクトン”あたりから徐々に上向いていく気持ちの変化が心地良い。感情の綻びもそのまま声に乗せたような、繊細な歌唱も必聴だ。

 

関連アーティスト