宮本浩次『縦横無尽』ミスチル桜井和寿との夢の共演も交え、積み上げてきた音楽的キャリアを総決算

2021.11.10

一昨年からソロ活動にも挑戦してきたエレファントカシマシのフロントマンによる新作は、泥臭くいなたいロックから、ピアノやストリングスをあしらったポップソング、モータウンを意識したようなソウルまで、これまで積み上げてきた音楽的キャリアを総決算したような作り。それでいて、無頼を地で行くようなバンカラなヴォーカルは不変。桜井和寿とのデュエット曲“東京協奏曲”や中島みゆきのペンによる“春なのに”のカヴァーも秀逸だ。

関連アーティスト