AIRFLIP『RED』ダイブやモッシュを誘発する勢いよりも、心の底から開放されるようなピュアな昂揚感が脈打つ

2021.12.27

ドラマー脱退を経て、3人体制では初となるメジャー・セカンド・アルバム。ライヴ感に溢れる前作を経て、グッド・メロディーにこだわった清爽なポップ・パンクが気持ちいい。内容的にはダイブやモッシュを誘発する勢いよりも、心の底から開放されるようなピュアな昂揚感が脈打っている。聴いているだけで大きなカタルシスを得られる楽曲がずらりと並ぶ。また、英詞の中に日本語を効果的に折り込み、親しみやすいキャッチーな魅力も増幅された印象。もちろん、ヘヴィーなギターとベースをアクセントにした男臭い“Nobody Knows”のような攻撃的な曲調も用意。そして、ラストを締め括る“New Year's Day”は新境地のナンバー。歌メロを含めて壮大なサウンドで聴かせる秀逸な一曲である。

 

関連アーティスト